久野瀬橋(大子町)

袋田の滝近く、国道118号と国道461号が分岐する付近の久慈川に架かる沈下橋。
昭和20年台には浮橋形式ではない橋梁が架設されていたようだが、詳細不明。
橋脚はコンクリート製で、橋桁は木製。

流木よけも木製だが、その角度が普通じゃない。増水した時の水位に合わせてあって、流木が橋をなだらかに越えてゆくような仕掛けだろう。橋桁が水面に近いこの橋ならでは、か。

2016年3月12日訪問
拡大する
とても狭い橋。タイヤ外幅1.8mぐらいまでなら問題なく渡れそうだが、地覆が5cm程度の高さなので運転者が乗り越えを検知できるか怪しいし、乗り越えを検知してもブレーキをかける間もなく脱輪だろう。ま、観光客は手前に駐めて徒歩で鑑賞するのが無難でしょうな。

制限重量1トン。が、結構大きなクルマも普通に渡っているぞ。

バイクだから難なく渡れたけど(でも少し怖かった)、クルマでは渡る気にならんな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA