平山橋(常陸大宮市)

JR水郡線・下小川駅近くの久慈川に架かる橋。
遠目では木橋に見えるが、橋脚は鉄骨で床版はコンクリートである。地覆だけ木製なのだ。

2011年9月の台風15号に伴う増水の影響で橋台付近の河岸が侵食されたが、その後に復旧と補強が行われたようだ。永久橋が架設されたのは昭和40年代前半だが、当時の構造のままか、調査中。

2016年3月12日訪問
久慈川に架かる平山橋拡大する
久慈川に架かる平山橋。
最大幅と重量制限の関係がおかしくないか?2.3m幅と言えば小ぶりの4tトラックまで対象になるが、総重量2tと言えばレクサスLSもアルファードもアウトになる。

鏡のような水面に浮かぶ橋。なごむ。

コンベックスを持っていなかったので実際の規制幅は未測定。2.6mぐらいありそう。

橋桁を下から見てみる。かなり頑丈な造りと言えよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA