オイル交換


ひさびさに自分でオイル交換した。
スキーとNZ2の谷間で日程調整つかずに車検をディーラーに任せ、そのときに併せてフィルター交換とともにオイル交換したのが前回だから、ちょうど3ヶ月。その割には走っていないのはどうしたものか。
九州ツーリングの帰り道、ニュートラルに入れるのがかなり渋い状態になって気になっていたのだが、果たして解決しただろうか。今日の午後、少し走って確認してみよう。
MOTUL 5100 10W-40とエーモンのポイパック今回のオイルはMOTUL 5100 4T 10W-40。Rough & Roadの通販で買ったのだが、Importモノでガロン缶(3.785L)である。リッター単価で考えると安いのだが、缶に目盛がついてないとか内栓(アルミホイルのシール)が開けにくいとか、日本市場向けと比べてそれなりに低コスト化を図っていることがわかる。
また、廃油処理用に今回初めてエーモンのポイパックを使ったのだが、高額(1個277円もする!)なだけあって、吸収率がなかなかよろしい。捨てる際に袋から廃油が漏れ出さないようにタイラップ(写真の赤矢印の先)も同梱されている。

Odometer : 60,425km (前回のオイル交換から3,053km)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA