F650GSにいろいろ取り付け(その7)

[`yahoo` not found]

このシリーズ、まだまだ続きそう。
納品が遅れていたリアスプラッシュガードとフロントブレーキリザーバタンクガード(長っ!)がようやく届いたので、本日のいい天気(走りに行けばよかったw)の下で取り付けました。


リアタイヤが撥ねる泥がリアサスペンションまで飛んでしまうことが判明、この掃除がとても大変なので、リアサスペンションまで飛ばないようにガードを取り付けることにしました。自作を目論んでいたのですが、金具を作るのがどうにも難しいので、已む無くワンダーリッヒの製品を購入しました。
が、この装着がえらく大変。サイドスタンド状態では取り付け不能なのでセンタースタンドを立ててクリアランスを作ります。それでもトルクスを回すのは至難の技です。加えて、ロックタイトがたっぷり塗りたくってあるおかげで、ネジがまるで回らないんでやんの。

金具を取り付けた後、スプラッシュガード本体を取り付けるのですが、特に右側のネジが回らなくて往生しました。正確に言うと、レンチを回す空間が少ないのです。辛うじて1/12(30度)ずつ回します。こういうときにショートレンチがあると便利なんだけどな。

結構悪戦苦闘しつつ、ようやく取り付け完了。

こちらは随分簡単、ワンダーリッヒのフロントブレーキリザーバタンクガード。
ミラークランプに共締めするだけ。

次回装着は何かしらん?
そういや、ゲタをまだ取り付けてなかったな・・・

[`yahoo` not found]

3 Comments

  1. スプラッシュガードは笑っちゃうくらい手間がかかりますね。
    左は高さ不足で板ラチェ以外は使えないしね。
    右はショートタイプのフレックス?ラチェットハンドルがどうにか使えました。
    うちのはGW中にオイル交換でもするかな。

  2. 左側は舐めりそうになったので、バイスで挟んで外しました
    バイスで傷だらけになったボルトは、サンダーで磨いてから付けたけど
    独逸人ってロックタイト好きで困っちゃいます
    フロントブレーキリザーバタンクガードを付けたってことは
    バイクで背負い投げをする予定かな

  3. あはは。同じ苦労をした3兄弟ですか。
    弟>
    オイル交換の手順レポよろしく!
    兄>
    CSでイヤっちゅうほどユルミが原因のリコールがありましたからねぇ。学習したんでしょ(笑)
    背負い投げ?イヤイヤ、兄さんが後ろ足でかける砂がワタシまで飛んでくるからデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA