ハンディGPS “Geko 201”

Geko 201auのGPSケータイ "A5304T"って、バイクでも車でも徒歩でも電車でも結構使えるんだけど、特にバイクに乗ってる場合は停車しているときに限られるんだな。所詮、携帯電話なのだ。渋滞地図はたいへん役立っているのだが、やはり、どの道をどう走ったのか後で見てみたいし、ケータイ圏外で自位置を見失ったとき(←そんなことないか?フツーは。)に役立つだろうし、ってワケで、GARMIN の Geko 201 (英語版) ていうハンディGPSを RIGHT STUFF というお店で買った。
注文から品物到着まで19時間という、銀行振込型通販にしては驚異的に素早い対応であった。

GARMIN Geko 201とは?
この機種の詳細情報は 他のサイト できっちり紹介されているので、ここでは簡単に。
一言で言えば、eTrexの廉価版ハンディGPS
【長所】
  • 記録ポイント数が10,000
  • 重さ88g(アルカリ乾電池を含む)
  • PC接続ケーブルを付けても20,000円でお釣りがあるお値段

【短所】
  • 地図がない
  • 画面が小さく2階調表示
  • 電池は単4なので持ちが悪い

【その他】
  • Geko 201 には日本語版もあるが、半角カナ表示が可能になるだけで漢字は使えない。文字数も6桁まで。
  • 取付器具として有名なRAMマウントのGeko対応品はまだ出ていないみたい。
  • 英語版は、当然のことながら英語でしか表示しない。(略語が使われてるので結構悩む。)



Gekoって、小さい !!!

ケータイと寸分違わぬサイズに驚きそもそも「重さ88g」ってのは、カッパ色のケータイ(A5304T=110g)より軽いがな。もっとも、液晶サイズが、ケータイは2.3"、Gekoは1.7"と、だいぶ違うけど。
で、どのぐらい小さいかっていうのが右の写真。早い話、ケータイと同じ大きさですワ。
あまりの驚きにサイズ比較。
比較項目  縦    横    厚   重量 電池寿命
Geko 20199482488g12h(セーブモード)
au A5304T984924110g200h(連続待受)

電池寿命の短さが際立つが、まぁ、これは已むを得んだろう。単4電池ってどこでも手に入るから、むしろこの方が助かるし。


Scarverに取り付け

ハンドルマウントブラケットをハンドル左側に取り付けGekoには外部アンテナをつけられないので、空がよく見通せる位置にGeko本体を水平に取り付ける必要がある。それも単気筒特有の振動に耐えられるように。アレコレ考えるまでもなく、GARMIN純正ブラケットを一緒に購入した。
ハンドルマウントブラケットにGekoを装着

取り付けは至って簡単。ホーンやウィンカーのケーブルがハンドルにタイラップで縛り付けてあるので、これを切り、ブラケットを取り付け、あらためてホーンやウィンカーのケーブルをタイラップで縛り付ける。所要時間10分。
必要な工具はプラスドライバーとカッターナイフだけ。(タイラップが1本必要だが、これは100円ショップで売ってるもので十分。)


記録されていたデータ


品物が到着、開梱して動作確認していると、なにやら不思議なトラックデータが入っていることがわかった。
どうやら、工場出荷時の検査と販売店出荷時のチェックの際に記録されたデータらしい。微笑ましいというか、なんとなく好印象。

以下は、工場出荷時検査と思われるデータ。ちゃんと台湾だぜェ。
緯度経度標高日時備考
25-03-28.14N121-38-30.14E64.5m01:16:07 2003/05/07GARMIN TAIWAN ?

さぁ、正月休み(休めるのか?)はGekoを持ってどこへ行こうか。Scarverに載せてトラックログを取るのもよし、スノーシューイングするのもよし・・・
電池の持ち具合や英語版の使い勝手は次回レポートにて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA