歯がゆいなあ。

来週あたりに行こうと思っていた湯沢・栗駒周辺で大地震がありまして、どうしようか迷ってます。数年ぶりの川原毛湯の滝はあきらめて、東根のさくらんぼと峠の力餅かな・・・
で、その大地震のニュースを見ていて歯がゆい思いが沸々と。
ヘリが土砂崩れの現場を映している映像を見た女性キャスターが「これはどこなんでしょう?」なんてすっとぼけたコメントを言ってる。ヘリがどのあたりを取材することになっているのか事前に情報が入っていないとは思えないのですが、この際、そういう段取りの悪さ(か、キャスターの頭の悪さ)は置いとくとして、どうしてリアルタイムに位置情報を表示できないのかな?


写真(正確にははJPEG / TIFF / HD Photo という画像形式)には、メタデータをファイル内に直接記録する "Exif" という規格があって、緯度経度の位置情報も記録できます。我がRas and RoadでもMapoint Pluginを使って写真のExifを抜き出して表示しています。実例はMoblogカテゴリの記事を見てくださいね。
だったら、動画にもメタデータを記録して再生する機能があってもいいでしょ?
実際、製品レベルでは市販されているようなので、規格化するのは決してムリではないはず。アナログ放送なら特に規格化する必要はなくて、ビデオカメラにGPSユニットをくっつけてリアルにスーパーインポーズできればいいはず。決して難しい技術じゃないと思うんですけどね。
・・・もしかして、デジタル放送だったら位置情報も表示されてるのかな・・・んな話は聞いたことがないぞ。
緯度経度で表示してほしいとは思わない(あればあったで便利だけど)ので、Mapoint Pluginのように逆ジオコーディングして地名を表示すればよろし。警察消防や自衛隊では実用化されてるのかな?すごく興味があります。
あ。冒頭の話ですけど、土砂崩れしてる道が映ってたんですよね。そういうトコなら熱狂的道好きをコメンテーターに呼べば、一目で「あー、これは国道398号の××付近ですねー。」なんてスグにわかるのにね。
サウイフ人間ニワタシハナリタヒ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA