乗りに行かなくちゃ、いけないんです。


久々に、銚子~犬吠埼へ。
前回はGPSで千葉県を描こう! Part2のときだったので、かれこれ3年も前になるのか。
今回は何かと話題の銚子電鉄がメイン。
・・・って何屋さん?鉄道屋?いや、たぶん・・・煎餅屋さんだと思いマス。
「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」
という名コピーで?メジャー鉄道の仲間入りを果たした銚子電鉄なのです。

「ぬれ煎餅(せんべい)」の販売などで経営危機を脱した千葉県銚子市の銚子電鉄(営業距離6・4キロ)が27日発表した2007年3月期決算で、煎餅の売上高に当たる営業収益が前期比約1億円増の約2億8000万円に上ったことが分かった。
元社長の横領事件が引き金で経営難に陥った同社は昨年11月、ホームページで「電車運行維持のために『ぬれ煎餅』を買ってください」と呼び掛けると、直売やネット販売などで1日当たりの売り上げが約78万円にもなった。
乗客数も前期比約6万人増の約71万人だった。

ソース : 日刊スポーツ 2007年6月27日記事
銚子電鉄の海鹿島駅は関東最東端の駅というわけで、煎餅を買いに行くための足として、あるいは、副業として、電車も走らせているらしい。(爆)
そして、驚くことに(というほどのことではないが)、ほぼ中間地点にあたる海鹿島駅は関東最東端の駅らしいのだ。海芝浦駅となんか関係ありますか?と思ってたら、「うみかしま」ではなく「あしかじま」と読むことが判明。
人生の端っこを生きている人間として、端っこには大変興味がある。これは行っておかねば。


そんなワケで、日本中から注目の的になった銚子電鉄。ネット上では「商い上手な近江人」 – 1928年(昭3)生まれ、滋賀県出身 – 銚子電鉄 デハ701系なんて表現されたりして、もう、ワケわからん。ともかく、写真を撮りまくってきたので報告~
銚子駅には壊れた風車がありますまずはJRと接続している銚子駅。もともと風車の羽根がついてたらしいけど、台風だかなんだかで吹っ飛んだのか外したのか、それ以来、羽根がない状態らしい。オランダ風車を模した待合室らしいが、なんでオランダ風車なの?銚子となんか関係あるのかね?

銚子駅ワンマン運転なので、運転席からホームが見えるようにホームにミラーが取り付けられています。
が、車両本体にバックミラーを取り付けたほうがいいように思うんですけどね。ワンマン路線ではどっちの方式がメジャーなんでしょう?

車窓から見る線路銚子電鉄は単線。営業キロは6.4km。細いレールの上をガタゴトと走ります。よく揺れるんだな、これが。この日に乗った電車は満員。なんで銚子くんだりまで来てラッシュを経験せんといかんの?ってな込み具合。みんな同じ思いかと。

中吊り広告は手描き中吊り広告もあります。なんと手描き。めっちゃローカルな広告ですが、見てて楽しいしほのぼのする~。

終点外川駅に、にわかテツあり終点である外川駅までの乗車時間は約10分。意外に早い。外川駅がNHK朝ドラの澪つくしに登場した、と駅前にある看板で紹介されてます。へぇ。舞台は銚子やったんやね。当時朝ドラを見てたのかどうか記憶にないけれど。

地球の丸く見える丘から眺める屏風ヶ浦犬吠駅から少し離れた小高い山に「地球の丸く見える丘展望台」ってのがあります。ここまで来てみて思った。おぉ、ココ来たことあるやん!4年ぐらい前やったかな?BMW BIKESのマイレッジキャンペーンで出題されてたココドコのポイントがすぐ近くでしたな。

これが噂?の伊達巻寿司外川の駅前で「プリンのような伊達巻寿司」ってフレーズを見て、何のことやら???と思ってた。予備知識なく、ともかく食わねばなるまい、と思って、なんとなく行列ができていた「島武」に並んで入ってみます。味はそこそこ。ネタがデカい。なんだこのタコは?てな感じ。帰宅後に調べてみたら、まさに「シャリからあふれてしまう特大のネタ」を売り物にしているらしい。

犬吠駅にもテツテツテツ銚子電鉄周辺はとにかくテツテツテツテツ・・・子連れの母親がコンデジでパシャパシャ撮ってる。最近は鉄の母親ってのも増えてきてるのかな?

上り下りがすれ違う駅・笠上黒生えーっと。ここはビッグサンダーマウンテンですか?笠上黒生と書いて「かさがみくろはえ」と読みます。上りのホーム?には留置線があって、とてつもなく傷んだ廃車の車体が置かれています。ここはビッグサンダーマウンテンかよ!とつっこみたくなるほどに、ほどよく朽ちてます。

緑の中を抜ける電車銚子電鉄のカメラポイントのひとつ、本銚子駅にかかる橋、清愛橋(せいあいはし)から外川方面を眺めた写真。緑がほどよく残されて気持ちイイ~

あれが噂のデキ!えーっと。これが噂の「デキ」なんですね。ただし、上信電鉄の「デキ」とはメーカーが違うそうな。応援歌なんてものもデキてたりする(笑)

ちなみに、この日の行程は・・・
銚子駅~(電車)~外川駅…(周辺散策)…外川駅~(電車)~犬吠駅…(地球の丸く見える丘展望台まで徒歩)…犬吠駅~(電車)~君ヶ浜駅…(君ヶ浜まで徒歩)…君ヶ浜駅~(電車)~海鹿島駅…(徒歩)…西海鹿島駅…(徒歩)…笠上黒生駅…(徒歩)…本銚子駅~(電車)~仲ノ町駅~(電車)~犬吠駅
徒歩の距離、なんと6.4km。奇しくも銚子電鉄営業キロ数と同じでした。
ローカル私鉄に乗るのって、意外に楽しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA