ジャパニーズ・ワイフ

産業技術総合研究所プレスリリース:人間に近い外観と動作性能を備えたロボットの開発に成功
要約すると、
人間に近い外観・形態を持ち、人間に極めて近い歩行や動作ができ、音声認識などを用いて人間とインタラクションできるヒューマノイドロボットを開発した。
身長158cm、体重43kg(バッテリー含む)で、関節位置や寸法は日本人青年女性の平均値を参考に、人間に近い外観を実現した。
ってことで、要は「オランダ風の妻」の完成度を高めた「日本風の妻」ってことかしらん。
ったく、税金使って何をやっておるのか。男性ロボットも作らなきゃ片手落ちでしょ。
しかし、体重43kgってとこがナンともリアル~w


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA