試作品


予想外に遠回りして帰宅後、せっせと工作してました。
日曜大工にしては少々ディープ感あり。

ステンレス金網はジョイ本で売られてる最も粗い24メッシュにしたのですが、ちょっと細かすぎる印象です。
ま、火の粉は絶対に落ちないでしょうからヨシとしときましょう。

脚の支点はステンパイプの切れ端を使っています。
また、焚火台部分を広めに確保するために、支点はかなり下にずらしました。思いのほかにしっかりしてますが、現場で安定しない場合は針金とペグで固定するかな。

■買い物リスト
・SUS304パイプ 1820mm×1本 980円
・パイプ加工工賃(カット5箇所+面取り9箇所+穴開け6箇所) 3,000円
・ステンレス金網 24メッシュ×40cm 540円
・ステンキャップスクリューM3-18+ステンボルト+ワッシャ×4組 @42×4 168円
・ステントラス小ねじM5-70+ステンボルト+ワッシャ2枚×4組 @60×4 240円
・交通費 1,580円
合計 6,508円
焚火の高揚感 priceless
というわけで、交通費を別にしてもコストパフォーマンスはユニフレームのほうがよさげです。
ボール盤を自由に使える人なら自作してみる価値ありそうですけど。
さて、ステンネットの端を処理しなきゃ。
慌てて作ったら、手のひらがガリガリ血だらけ~


10 Comments

  1. きれいにできましたね
     焚き火 楽しみですね
      それにしても
        工賃と 交通費が。。。。。
     うちの近所のホームセンターは 材料購入すると
     無料で工作室利用できたかな。。 (ドリルの歯はか買うかなあ?)

  2. この作業の所要時間約20分。
    高い印象は拭えません。
    が、ワタシ自身にボール盤を扱うスキルがありませんので、指をくわえて見てるしかありません。
    次回は****さんに連絡して生ビール持って行きまーす。
    いや、奥さんに連絡して生キャラメル持って行くのが正解か?w

  3. おおっ お疲れさまでした。
     支点を下げてもいい感じですね。
     金網タイプはやはりコンパクトになりますなぁ。
    ステンレスばっかりで、帰りは鉄分の補給ですか?(笑)

  4. 金網って、やっぱり硬いんですね。
    あまり強く巻くと、反りを記憶してしまってよくありません。
    それから、こういうバラ売りはやっぱり高いです。
    次回金網交換の際は、たぶん、ダイソーのザルで代用すると思いますw
    鉄分補給っつか・・・途中意識不明だったので補給できたのかどうか。┐(゜~゜)┌
    ここまで用意できたら、次は燃やすもの。
    コンパクトな薪が必要。ならばナタが要るよな・・・なんて妄想中w
    だめだ、物欲が。。。

  5. 良い感じですね。材料集めてやってみようかな。
    ボール盤、万力、高速カッタ、両頭グラインダやら何やらと機械類は充実してます。薪かぁ・・・風呂用なら手に入るんだけどね(笑)

  6. ****さんの環境がうらやますぃ(笑)
    私はほとんど手持ち工具だけですね。
    ダイソーのザルはいいかもしれませんね(^^)多少かさばりますが、
    それだけを我慢すれば交換は躊躇しなくていいですからね。

  7. ****さんは確かにね。転勤しても必ずあるし自由に使えるわな。
    つうか、だから昇進を拒否ってるとか?w
    ****は、そんなこと言いながらナニゲにスゴいもん作ったりするからなー。
    ****さん、よろしくね!
    つか、mixiミュージック始めたのね?
    そうそう。焚火台の脚の支点部分ですが、丸パイプの切れ端を使うのはイマイチです。ネジを通す穴をx軸方向とy軸方向に開けるのですが、きっちり直交するように開けるのは至難(ポンチをしっかり打ってもコンマ何ミリはずれてしまう)でしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA