サブ機修理

2015年11月15日に「レンズエラーを検知しました 自動的にシャットダウンします 電源を入れなおしてください」という障害が発生したCanon S110。

ネット上に事例が多数あるので構造か部品品質の問題のように思えたので、無償修理のアナウンスを半年間待ち続けてみたものの、単に発生が多いってだけではメーカーが非を認めるはずもない。

代替機としてS200を導入したわけだが、その後立て続けに友人知人のS100,S110で同じ現象が連発したこと、Sシリーズの後継がリリースされる見込みは低そうなこと、等を考慮して、バックアップ用に修理しておくことにした。

引取修理を依頼して、1週間で返送された。
結果は、予想どおり光学ユニット不具合。

撮影日時 : 2016年06月04日 14時31分57秒  機材 : Canon PowerShot S200

無事復活。

撮影日時 : 2016年06月04日 14時42分09秒  機材 : Canon PowerShot S110

やっぱり、S200とは違う絵なんだよなあ。こっちが好きだわ。
ちなみに、S110の修理対応期間は2019年5月まで。2回目の修理はしたくないが。


3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA