ETCに新たな助成?

新聞報道によりますと、

 金子一義国土交通相は11日の閣議後記者会見で、自動料金収受システム(ETC)の搭載車を対象に高速道路料金を値下げする方針が追加経済対策に盛り込まれたことに関連し、ETCの設置費用引き下げを新たに検討する方針を明らかにした。
 同相は「現在は機械と設置料金で計1万5000円ほど掛かるが、(高速道路の値下げと)セットでやりたい」と述べた。追加経済対策では、「土日祝日に大都市圏を除く高速を走った乗用車は1000円定額」などが打ち出されたが、対象はETC搭載車に限られる方向となっている。

(2008/11/11-11:59 時事通信)
だとさ。
実質負担額ゼロぐらいの強力な助成なら効果大なんですけどね。
ETC車載器を近々新規につける立場としては大いに期待してしまいます。


3 Comments

  1. 個人的にはETC設置費用を引き下げるよりも、1000円定額が「対象はETC搭載車に限られる」事が大いに不満ですね。これって「法の下の平等」に反している様に思えて仕方ないのですが。
    それに土日祝日を1000円定額にするためのシステム変更を行うなら、通常の料金所に対しても同様のシステム変更が出来るんじゃないかと思うのですが。
    給付金と並ぶ麻生内閣の愚策に思えてなりません。

  2. ****さん>
    うーん、いまやETC車載器はバッテリーレス等ごく一部の車両を除いて希望すれば装着できますからね、法の下の平等に反する、とまで言えるかどうか。判断の分かれるところでしょうね。
    ****さん>
    ノーコメントということで(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA