ご当地の踏み絵:京都編

世間で流行っているというご当地の踏み絵をやってみた。
住んでた(る)トコ全部やったろう、と思てるけど、さてドコまでできるやろか。なんせ設問が長いのよ。疲れる~
で、まずは京都編から。


●「おっきい、おっきい」「寒い、寒い」と形容詞を繰り返す。
 うーん、気にしてないなぁ。使てるかもしれん。
●「この前の戦争」といえば、応仁の乱だ。
 っていうネタはよく聞くけど、普通はイラク戦争でしょ。
●人の陰口を言うのがことのほか好きだ。
 好きかどうかは別にして、そういう会話は多いな。
●いけずを文化だと思っている。
 そんなに深く考えたことないわ。
●時代劇のロケ地を即座に言い当てることができる。
 寺はだいたいわかるけどな。町並みはビミョー。
●東京人より大阪人が嫌だ。
 言えてるw
●滋賀県人も好きではないが、疎水の水が止められたらシャレにならんので、表立って公言はできずにいる。
 滋賀県人でもあったし、親は滋賀県出身なので、そういう考え方はないね。
●KBS京都のかたつむり大作戦を知っている。
 コレ知ってるのは京都人と言うより、古い人間とちゃうのん?
●京都の人はみんな「~どす」と話すと思われている事を笑い飛ばせるぐらい自分は寛容だと信じ込んでいる。
 実際、寛容どすえ。
●京都が日本の中心だと思っていて、いつか天皇は京都に帰ってくると信じている。
 現に、まだ御所があるやん。けど、信じてへんで。そこまでアホちゃうし。
●水道水が、カビ臭くなると、夏を感じる。
 感じる感じるw カビ臭いっつーより、タマゴの腐ったニオイ。
●本音と建前を完璧に使い分けることができる。
 そら、人間やったら当たり前やろ。
●「にしんそば」は雑誌が作り上げた名産品で、実はあまり食べない。
 にしんそのものが好きではないのでね。
●電車の中で、火縄を小さく振り回せるようになって一人前。
 幼稚園ぐらいのときに「回させて回させて」って親にお願いするわな。で、「10年早いわ」と叱られるわな。
●高山彦九郎・皇居望拝の像で待ち合わすとき「土下座前」と言う。
 言わへんて。「さんじょけいはん」やろ?
●深夜番組のCMというと「岩田呉服店」と「亀岡山田木材経営団地」と「出町輸入食品」と「いずもや」だ。
 「亀岡山田木材経営団地、ドドン」やろw
●子どもの頃のおやつは西村のエーセーボーロだった。
 もうちょっと他にもあったと思うで。
●東京人のことをちょっとバカにして「お江戸の人」と言う。
 そやから、言わんて。
●関東は基本的に東夷(あずまえびす)の住む田舎であると思っている。
 そやし、思わへんて。
●心の中では、東京人を田舎モンと思っている。
 それは思うな。東京に住んでる今でも思うし。
●道に迷うと「丸竹夷二押し御池姉三六角蛸錦~♪」を歌う。
 そそ、そこまでは歌えるんやけどな。五条から先を忘れてしもたわ。けど、歌わんで。
●おやじが、テレビで「パープルサンガ」を見て、「紫光クラブ」と呼んでいた。
 呼んでないなぁ。
●マスコミでは一般的になっているが「おばんざい」なんて言葉は使わない。
 確かに、使わへんね。京都の言葉なん?
●石匠6代目河波忠兵衛が7代目に変わったとき、6代目の安否が気遣われた。
 「墓のない人生は、はかない人生です。」やったっけ?
●大丸百貨店のことを「大丸さん」と呼ぶ。
 フジイ大丸はフジイ大丸やね。
●「田渕岩夫の特ダネ!てれび」でしか見たことがない田渕岩夫が気になる。
 誰?それ。
●自分は行けなかったが「京都大学」を大変誇りに思っている。
 別に。
●京都を「近畿」や「関西」の言葉でひとくくりにされるのが嫌。
 どうでもええし。
●北野天満宮の牛の頭をなでた手で、自分の頭をなでたことがある。
 たぶん、やったと思う。そやから、あんだけツルツルなんやろ。
●北野天満宮のことを「天神さん」という。
 日本全国どこでもそうやろ?
●広告を書いたバスは、景観を損ねるので古都京都にふさわしくないとは思うが、損ねるほどの景観がもはやなくなりつつあることには見て見ぬフリをしている。
 広告あったほうが、楽しいで。
●国語の時間に「擬音語」を「祗園語」と聞き間違えたことがある。
 そら、ボキャブラリー少なすぎでしょ。
●只の地の野菜を「京野菜」と称しブランド化するのは、如何なものかと思う。
 世の中、そういうモンでしょ。
●京都パープルサンガの本拠地の正式名称「京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場」は長すぎるので早く専用スタジアムが欲しい。
 正式名称は今日初めて知りました。
●他府県の人に「京都には海がある」といっても、信じてもらえなかったことがある。
 さらに、琵琶湖があるけどな、といわれるよね。
●京都は特別な所だと思っているので、地方都市と言われてショックを受けたことがある。
 そういうこと言うヤツは、モノを知らんやっちゃな、と哀れむことにしてますわ。
●「しかし、よくご存知ですねえ!?」と言われると、つい「ええ。わたしら二人、あすこのモンでんねん」と返してしまうクセが抜けない。
 もう、抜けた。
●市バスを乗りこなす自信があるので、地下鉄はほとんど利用しない。
 乗りこなす自信はバッチリやけど時間が読めんので、地下鉄のほうがエエな。問題は運賃やな。
●「おまん」「萬古堂」の看板を見てもなんとも思わない。
 昔はな。
●「大文字焼」と「焼」をつけて言うのは納得がいかない。
 どーでもエエことやし。
●全国に数ある「小京都」を鼻でせせら笑う自分に気づいたことがある。
 「銀座」みたいなもんか。あんまり抵抗ないけどな。大京都って言われたら確実に笑うワ。
●子供の頃、琵琶湖に海水浴に行った。
 琵 琶 湖 は 海 で す か ?(爆) 水遊びとか水泳とかって言うてたやろ。
●語尾に「はる」を付けるのは敬語だが皮肉を言うときにも使う。
 敬語って、そういうもんやっちゅーの。
●街中でちょんまげ姿の侍や腰元の姿を見ても驚かない。
 場所によりけりやな。
●「リプトン」と言えば喫茶店だ。
 他に何があるのん?
●山科区、伏見区、西京区は京都のうちに入らないと内心では思っているが口には出さない。
 ま、上京区と下京区は京都市より前からあるからね。でも、山科に住んでたんで、そういうことを考えてるヤツが気に入らんかったなぁ。
●他府県、とくに東京に行くと大阪人と間違えられるのは、大いに遺憾である。
 そのとーり!!
●「3時です」と言われると「宇治茶です」と続けたくなる。
 言うても通じんのでガマンしてます。
●道は碁盤の目しかしらないので、道がカーブすると不安になる。
 そんなことないて。ただ、ナナメに交差してるとちょっとドキッとするね。
●修学旅行の素朴な制服姿を見ると、「田舎からようおこし」と心の中で言ってしまう。
 言う言うw
●夏になると紅葉パラダイスのプールへ泳ぎにいった。
 行ったねぇ。浜大津の京阪のプールにも行ったなあ。
●“区別”が好きだ。
 アカン。この意味わからへん。
●近所のソバ屋も散髪屋さんも、営業許可証の発行人が『蜷川虎三』であることを自慢する。
 (´・ω・`) 知らんがな。
●京都タワーは好きではないが、旅行から帰ってきたときに見えると懐かしく感じる。
 そうでもない。けど、タワーが見えんと不安になるやろね。
●京都駅ビルの階段をダッシュで上った(上ろうとした)ことがある。
 住んでた頃は駅ビルなんかなかったし。
●なんちゃって舞妓とほんまもんの舞妓さんの見分けがつく。
 見ただけでは難しいな。しゃべったらイッパツやけどな。
●江戸時代のことはあまり語りたくない。
 語れないっつーの。
●京のぞみちゃんを知っている。
 一応、知識としてはね。その頃はもう東京に住んでたし。
●京阪を『おけいはん』と呼ぶのは気恥ずかしい。
 うんうん。
●タクシーはMKを好んで乗る。
 好んではないが、ちょっとリッチな気分になれるわな。
●場所を説明するときに、両手などで十字を作って、「これ四条通で、これ烏丸通な」 と説明する。
 両手だけか? 歩道のブロックとか窓の桟も使うやろ。
●ほんやら洞、六曜社、進々堂、は、学生の時、とりあえず入ってみた。
 ほんやら洞の出店が西荻窪にあるらすぃことにビクーリ。
●嵐電、叡電といえば、なんのことかわかるが、京福電鉄と言われてもピンとこない。
 ドッチや? と言いたくなるよね。
●ワコールを「パンツ屋」、任天堂を「花札屋」と言う。
 花札屋は言うけど、パンツ屋は知らんなぁ。
●「おたべ」・「生八橋」は、久しく食べていない。
 結構、お土産にもろてますんで。年3回ぐらいは食べるかな。
●うんざりするほど雑誌で特集が組まれているが、掲載されている店にはほとんど行ったことがない。
 それ以前に、掲載されてるかどうかを知らん。
●「おっさん」(おっにアクセント)といえば、お坊さんの事だ。
 これは京都だけやないやろ。近畿共通とちゃうか?
●地元の各種団体・集まりのトップが、大体同じ顔ぶれなので飽きてしまう。
 そんな集まり、行かんかったら飽きひんで。
●京都市で一番景気がいい企業はお寺さんだ。
 全国どこでもそうやろ。
●どこの学区出身かで相手を値踏みする。
 割とその傾向あるね。
●雑誌などで人気の町家だが実は冬はものすごく寒く、耐震考慮は0という凄まじい建物である。
 そうそう。知らんヤツが多いんよね。すきま風だけならええんやけど、すきま雨もあるもんなぁ。
●地図を広げている外国人を見ると、迷わず避ける。
 エイゴで道案内できひんもんね。
●他府県で「たぬきうどん」を注文したら「はいからうどん」が出てきたことに納得がいかない。
 素直に「あんかけうどん」て言うたらええのに、とも思うで。大阪で「たぬきうどん」て言うたら怒られへんか?
●清水寺、金閣寺、三千院、三十三間堂など、名所に行ったことがない。
 地方の友達に連れられて行ったことがあるな。
●他府県人は区別がつかない河原町のヤンキーとビジュアル系の区別がつく。
 や、そら、わかるやろ。他府県人でも。
●昔、河原町のジュリーに会ったことがある。
 ナツカシー。いたねぇ。
●東大より、京大のほうがノーベル賞受賞者が多いことが自慢だ。
 高校の先生がそう言うて京大を勧めてたなあ。行けるワケないっちゅーに。
●しかし、京都出身の京大生が意外と少ないという事実には触れて欲しくない。
 少ないのん?よう知らん。少なくとも、ワタシは行けんかったし。
●しょっちゅう他府県の人に「京のぶぶ漬け」の話をされるので、否定するのがじゃまくさくなって、つい曖昧な返事をして誤解を招いている。
 あいまいどころか、ハッキリ肯定してる。肯定せんと納得してくれん。
●日本共産党の候補に投票したことがある。
 他にロクな候補がおらんしな。
●子供の時、八瀬遊園に叡電に乗って行ったことがある。
 たぶん。つか、八瀬遊園に行ったかどうか、よく覚えてない。
●パリと京都は似ていると、ちょっと本気で思っている。
 ごめん。パリを知らんねん。
●他府県に対して、根拠のない自信が満ちあふれている。
 根拠あるやろ。「京都や」って言うのが根拠やで(爆)
●祇園祭の宵山は毎年行くが、鉾の巡行は見たことがない。
 確かにね。ちゅうか、巡行は昼間やし、まっとうな人は見れんわな。
●「将軍」と言えば、徳川でも金正日でもなく足利将軍だ。
 そやから、そういう時代の人間ちゃうし。つか、ソレ花山にあるヤツのこと?(←違
●五山の送り火の自分だけの最高のビュースポットを知っている。
 そうそう。それでケンカになるのよ。
●上ル、下ル、西入ル、東入ルなど、住所通りに歩けば、必ず目的地にたどり着く住所表記は便利だが、いかんせん長いので、書類等に書き込むとき、スペースが足りないのがやっかいではある。
 そうそう。書くのめんどくさいしな。
●他府県で道に迷うと、自分ではなく碁盤の目になっていない道が悪いと思う。
 迷うときは、碁盤の目であろうがなかろうが、迷うのっ!!
●先人の作った功績を自分の功績と勘違いしているフシがある。
 いくらなんでも、そんなヤツはおらんやろ。
●国宝の建物に落書きをしたことがある。
 どれが国宝か知りませんが、なにか?
●烏丸(からすま)を「からすまる」「とりまる」と読む人がいても笑って許せる。
 笑わずに許せるよ。でも「うまる」はワロタ。
●かわみちやのそばボーロの缶が家にある。
 そら、デフォでしょ。
●奈良に軽いライバル心を持っている。
 うーん、そうかも知れへんね。
●通りの四つ角にはいけず石を置く。
 交通量によるやろな。ウチはウチのクルマしか通らんトコやったから、置かへんかったけど。
●マンションのペントハウスにすむよりも、自宅2階から祇園祭の巡行を見られる木造2階建てのほうが、京都人のステータスとしては上である。
 聞くまでもないやん。そういう家は足利の時代からある家やろ? 送り火が見えるっていうだけでも上やね。
●友達に寺の息子(娘)が3人以上いる。
 わはは。親友でさえ3人おるな。同級生を数えたら50人以上か?
●住所に「上ル、下ル」が入っているのが自慢。また入っている住所に憧れる。
 そういえば、憧れたこともあったね。
●新京極を北へ歩き、三条の手前にある坂がどうも納得できない。
 気にならんかったけど。そんなん、あったっけ?
●昔フジイダイマル前にあった噴水に、コインを投げ入れたことがある。
 そんな、カネを捨てるなんてもったいないこと、誰がしますかっちゅうの。
●基本は薄味だが、ラーメンだけはこってりじゃないと気が済まない。
 ラーメンだけは関西系キライです。とんこつが一番。
●京都が舞台のサスペンスを見ると、内容よりもロケ地がどこかで盛り上がる。
 うんうん。でも、今はその話題を共有できる人が周りにおらんのでね。
●そして「あんなとこからそんなとこまでそんな早う移動できるかいな」と必ず突っ込む
 確実にツッコミますw
●「夏を逃がすな~」と歌われると「風はコーヒーブラウン」と続けられる。
 そそ。このCM見てサイドカーに乗りて~、って思ったもんだ。
●年に一度の学区運動会は、1~2ケ月前から練習するぐらいの盛り上がりを見せる。
 あー、そういう人もいたかな。
●京都の東の果ては、八坂神社の奥の円山公園だと思っている。
 そやから、ウチは山科区やっちゅうの!
●京都人に関する書籍があるとつい読んでしまう。
 辛気臭うなるし、読まんようにしてます。
●そして「それはちゃうやろ」と鼻で笑う。
 読んでしまうと、こういう結果になります。
●市内以外の京都人は四条・三条に行く時は『京都に出る』と言う。
 市内でも言うやろ。あ、そやから山科は京都とちゃうって言われるんか orz
●王将の床はよく滑ると思う
 あれは特殊なワックスやからね(爆)
●権力を持っている人にはなびかない反面、しきたりには無条件に従ってしまう。
 ハイ、そのとおりでございます。
●丹後で京都ナンバーを見ると違和感がある。
 精華町で見ても違和感あるで。
●「牛若丸の未来くん」のステッカーを持っている。
 その頃には京都を出てたもので。でも知ってること自体、エライと思わん?
●親戚に滋賀人を持つ友達が5人以上いる
 ウチの親戚がそうですからw
●サンテレビの阪神戦を試合終了までやってくれるKBS京都を有難く思っているが、ABCとのリレー中継の時は前半を放送してくれない事に激しく憤っている。
 昔はどうやったかな?知らんわ。
●土建屋よしゆきが現場で働いているのを見たことがある。
 見たことないけど、高校の先輩やし。
●山崎弘士と尾崎千秋を知っている。
 KBSのアナウンサーやったっけ? 尾崎千秋て言うたら「サンマルコからボンジョルノ」?


ハァ~、疲れた~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA