シェルパがうちにやって来た

里子というわけではないのですが、友人から引き取ってました。
今日からウチの子です。
と言っても、籍はまだ練馬なんですけど。
都内回送してきましたけど、軽さとレスポンスの良さにびっくり。
ま、だいたい下の子は元気がイイというのが相場なんですよね。
2号機として駆け回ってもらいます。
Super SHERPA
Super SHERPA
Super SHERPA
年明けぐらいからボチボチとこの子が出てくるようになるかと思いますが、どうぞよろしゅう。


13 Comments

  1. シティーユースにもお山トレッキングでも、
    何でもこなす万能マシンですよね~
    200~230って使いであるクラスと思います。
    うかうかすると1号機を放置する危険性アリ!

  2. ****さん>
    1号機は健在ですっ(笑)
    NAOTOさん>
    確かに~。片手で引き起こせるのはとってもステキなことです。前オーナーがヘプコのキャリアをつけたままにしてくれたので、トップケースが1号機と共用できて尚良なんです。
    でも、2号機で300km以上走る気にはなれないだろうな。
    ****さん>
    ハイ、房総山中偵察機として活躍するのは確実ですね。
    少し暖かくなったら、平日休みをやりくりしますんで、ご一緒しましょう。

  3. なかなか楽しいバイクでした。
    セロー225と比べるとパワフルで頼もしいですし。
    荷物満載で長距離を走る、ということがなければこれ1台で十分かも。
    ということで、新1号機は「大きいの」になると見た!
    直4か水平対向か、あるいはタイヤの数も増えていたりして(笑)

  4. おぉ、これは前オーナー殿。
    大切に乗りますんで、後はお任せあれ。
    >あるいはタイヤの数も増えていたり
    そそ。じーこさんのコメント見て「4軸水槽車」に萌えっw
    や、お手頃な1号機代替がオクに出てましてね。
    15マソで1号機が5000km走行車になるんならそれもエェかな?なんて頭の端をかすめたり(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA