防水タンクバッグを買ってはみたけれど

3年ぐらい前から気になっていたタンクバッグ。
それがKriegaの防水タンクバッグである。
確かf650.comで見たと思うのだが、2006年モデルぐらいのF650GSに上手に取り付けている人がいたので、我がF650GS Twinでもできるだろう、と考えていた。ただ、言語を問わずインプレッションをあまり見ないので、もう少し情報収集してからにしよう、と先延ばししていた。
と、ここに来て急激な円高進行。
ぼやぼやしてドルの値が戻ってしまってはいけない、と思って決断。
買ったのは、US-10というタンクバッグとタンク部分に取り付けるためのアタッチメントである。
イギリスやアメリカのいくつかのショップで取り扱っているようだが、イギリスで購入するのが最も安上がりのようだ。そこで、販売元のKriegaで購入したのだが…


決め手は送料の安さだったのだが、まずこれが失敗。
なんと悪評高きRoyal Mailの航空郵便で発送されたのである。郵便だからトラッキング不可。
で、到着までドキドキしながら待つ羽目になった。
フタを開けてみれば、意外にも2週間で到着したのでヨシとするか。
で、取り付けてみたのが上の写真。
それなりにうまく付いているように見えるけど、はっきり言って
取 り 付 け に く い 。
タンクアタッチメントを取り付けて、それからバッグを取り付ける。
その所要時間はざっと30分。出発前の慌ただしい時にそんなことをやっとるヒマはない。
というわけで、リアシートに取り付けてみたのが左の写真。ま、こんなもんか。
でも、リアシートにバッグを付けるなんてどんなときだ?
昨年11月の中津川事件で林道を走るときにはトップケースを使わないと勉強したが、そんなときぐらいだろうか。
この冬は装着方法を再検討だな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA