スピードを検知して電圧低下?

先週のツーリングの際にGeko 201 をハンドルブラケットにセットして、いろいろな使い方を試してみた。
が、走り出してすぐに問題発生。「電圧が足りねェ」とメッセージを表示しとる。
んなはずはないやろ、前日充電したばっかりやで、と思いつつ、停車して点検すると問題はない。充電レベルは満タンである。
が、発車した途端に 「電圧が足りねェ」 「電圧がァッ!」 と、ウルサイのなんの。
結局、原因はわからず、30km/hまではほぼ問題発生しないが、60km/hでは確実に電圧低下のメッセージが表示されることだけを確認した。
寒かったからかな?
暖かくなって問題解決するなら、電池が寒がりということで一件落着。(ちゃうやろォ)
暖かいときに使っても同じ状況なら、電装系を疑う必要あり。
車速を検知してくれるのはいいが、自動的に電源をOFFにするんじゃ使い物にならん。
こりゃ、じっくり調べる必要がありそうだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA