給湯器

買って13年半の我が家、先日ついに湯沸かし器が壊れました。
翌日、修理の下見に来てもらったものの故障の原因は基板がイカレたことらしく、製造終了後10年ぐらい経過した製品で部品(基板)の在庫がどこにもないんだって。
というワケで、終了。買い替え決定~


で、ひさびさに行った銭湯なんですが、相変わらず熱いですな。
わずか10分、腰まで半身浴しただけで、帰宅後も結構長時間ポカポカ。
たまには銭湯もいいかな、と。
でもって、本日ようやく換装工事完了。
驚いたことに、最近の給湯器ってしゃべるのね。
虫の居所次第では、癪に障るぐらいにカン高い声ですわ(笑)

一例。
「お風呂がわきました。」「おいだきをします。」←これは普通か。
「熱いお湯が出ます。給湯温度を60℃に設定しました。」←熱いって言ってくれることに少しびっくり。
ていうことは・・・「熱いお湯が出ます」って音声案内されている間に設定温度になったら、「熱い・・・お風呂がわきました。」てな音声案内になるのかな?まさかね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA