北海道ツーリング2012 Day5

8月2日(木)
05:30起床。
うむ。スカッと晴れているわけではないが、雨はやんでいる。
天気予報をチェックしても、雨の心配は殆どなさそうだ。


虹別から農道を北上、道道885号~道道150号をつないで走ると、そこに牛。
ついついこの写真を撮ってしまう。ただ、今年はちょっと薄いなぁ。草刈りはどれぐらいの感覚でやってるのかね?

虹別林道に入り込みたい気持ちを抑えつつ、しかし裏摩周展望台や神の子池には目もくれず、さくらの滝は3年前に行ったので今回はパス。とってもマイナーな観光地?、宇宙展望台に立ち寄ってみる。晴れてりゃ斜里岳も見えて絶景なんだけどねえ。

清里市街地から江鳶山へまっすぐの道道857号。上富良野のベベルイ0号や斜里の611の丘と並ぶ絶景直線道路だと思う。

感動の径(鱒浦農免農道)を走ると、そこは丘の絶景。女満別・網走は美瑛や剣淵・士別の丘とは微妙に違う、ゆるやかさがいい味わいである。

町道朝日南10号。この直線道路は長さは大したことがない(わずか1.8km)のだが、斜里岳に山アテしているので空気が澄んでいれば素晴らしい眺めだ。この日はあいにくの天気なので道路が映える方向だけ撮ったが。

北見で買い出しを済ませ、道道494号でチミケップ湖へ。舗装路の終わりはオロムシ林道分岐でもある。地図だけ見ればオロムシ林道は訓津林道へ繋がっているようだが、ワタシが走る日は来るのだろうか。

道道494号は舗装路と非舗装路が交互に現れる。非舗装路と言っても、通行量が多い道なのでしっかり踏みしめられていて走りやすい。それ故に対向車には要注意だ。

そして、チミケップ湖キャンプ場に設営完了。なんだ、あの桟橋は?詳細は9月2日を待て。

早速、翌朝の月没方位を確認する。
今回のツーリングのメーンイベント、チミケップ湖に沈む満月のインターバル撮影に備えて。

だが、この天気じゃ明朝は期待できまい。またチミケップ湖に来る理由ができたんだからいいさ。

北見で買っておいたピュアホワイトを茹でる。

この旅で初めての焼きそば弁当。ピュアホワイトとともにおいしくいただき、明朝の万が一に備えて20時過ぎに眠りにつく。

 
 
いやいやいや、この暗闇と静寂が素晴らしいのだよ。ZZzz・・


Day5の走行距離 : 199.8km