国道ナイト

NIFTYのイベント、国道ナイト@TOKYO CULTURE CULTURE に行ってきました。
酷道をゆくの出版記念と銘打っているのですが、肝心の書籍のほうは既に売り切れ続出、Amazonでさえマーケットプレイスからの出品のみ。数週間前に何気に買っておいて正解だったのですが、実は今日の会場でも販売してました。


酷道をゆく酷道をゆくを読んで、ワタシなんかまだまだやな、と思うてたところにこういうイベントがあるんですもんね。加えて、某MLのメンバーが大量に参加する噂もあり、これは行くしかなかろう、というわけで。

TOKYO CULTURE CULTURE
パレットタウンの観覧車下会場はNIFTYが運営するTOKYO CULTURE CULTURE、初めて行くイベントスペースです。先週は鉄道ナイト2で大いに盛り上がった(まー、それは豊岡真澄ちゃんの芸能界ラストイベントとか向谷実氏来たる!とか、花があったからなー)らしいのですが、さて国道ナイトは如何に?
・・・っと、現地に行ってみると、なにやら長蛇の列。それもめっさ若いオンナノコばかり。ウホッ。国道って意外にも人気なのかしらん?

コノ行列は??うら若き
少女が列なす
湾岸の
春の愉しき
国道ナイト
というわけではなく、W-INDSのライブだったそうなw

ジャンクション写真集ジャンクションの著者、大山総裁の司会進行で進んでゆきます。とにかくオモロい。首都高の中の人も出演して、ビミョーなコメントをしてくれます。高速道路フォントのぱんかれさんのスライドがまたオモロいんだな。中でも激しく納得したのは、「ポップ体は全てを台無しにするチカラを持っている。」例えば、こういうの。
確かに脱力系。
ぱんかれさん、マグカップありがとねー。
話は逸れますけど、このジャンクションって写真集がいいんですワ。ワタシのよき理解者がプレゼントしてくれたものなんですけど、ハマるハマる。これのおかげでイッキに魚眼レンズが欲しくなりましたもん。撮るのはもちろん、のの字

オフ会?参加者約100人のうち、12~3人?は某MLメンバー。新潟や大阪、遠くは山口からの参加もあり、舞台横のテーブルをほぼ占領して異様な盛り上がりとなってました。とにかく濃ゆい濃ゆい。国道番号言われてもすぐに場所を言えないワタシなんぞ、まだまだ感を実感しましたワ。
やー相変わらずですな。国道ML。

あ。当日の第3部でインタビューされましたけど、そこで話した「R349はフォント博物館」ってネタを探しに来られた方へ。R349へなちょこツーリングをご覧くださいませ。勢い余って「12種類ぐらい」と言いましたが、ワタシが確認しているのは8種類の誤りでした。お詫び申し上げます。


4 Comments

  1. 松波です.
    土曜日はお越しくださいってありがとうございました.当日はあたふたとしてしまい,お話もできずに申し訳ありあせんでした.
    国道標識のフォントの話などのネタ,とても助かりました.
    本当にありがとうございました.
    また関東・関西の新年会などでお声をかけてください.

  2. ようこそ松波さん。
    土曜日はホントお疲れさまでした。横のテーブルでロクに話を聞かずにグダグダとしゃべってばかりで失礼しました~
    とても楽しい時間をありがとうございました。時間があるとき、ゆっくりお話ししましょう。
    農道旧道廃道を追っかけてばかりですが、それまでに王道である国道をもう少し勉強せねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA