海外通販-カナダ・アメリカ編

海外通販(というか、メールオーダー)に初めてチャレンジして、もう28年ぐらいになるのかな。当時大流行していたLL Beanのトートバッグが欲しくて、しかし国内で売られているのは高くて手が出せず、ってのがきっかけだった。
その後もちょこちょこと2~3年に1回ぐらいは海外で買い物してるけど、F650CSに乗り出してからはもっぱらヨーロッパで買っていた。そして、これまでずっと1店舗でのみ購入して発送してもらっていた。1人でいろんなものを買ったり共同購入したりして、1個あたりの送料を安く抑えることができた。
ところが今回、どうしてもほしくなったものはカナダの製品。
どんなものでも国際配送は一律USD100だと言う。
そりゃチト高いでしょ。
代理店を使えばもうチト安くなるよ、との話もあり、プライベートコンソリに初チャレンジしてみた。


コンソリのために起用した代理店はHopShopGoという購入代行サービス会社である。この種の代行サービスは悪評が付き物なのでネット上の悪評の件数のみ比較してみたが、比較的後発参入組のようで目立った悪い噂がない。ま、あかんかったら事故に遭ったということで、と腹をくくっておく。
で、この会社、BuyForMe(購入代行)とShipForMe(発送代行)というサービスがある。BuyForMeは、まさに代わりに買ってくれるサービス。Google CheckoutやPayPalは使えず、アメリカで発行されたクレジットカードしか受け付けないって店舗で買い物するときに有効である。一方、ShipForMeは代わりに日本へ送ってくれるサービス。アメリカ・カナダ以外には発送しないとか国際配送料金がやたらと高額な場合(今回はこれに該当)や、小さなものを複数買い物して送料が高額になってしまう場合に有効。
今回は送ってくれさえすりゃ何の問題もないはずなので、ShipForMeにしておく。
そして、カナダのブツ以外に購入したのは、Wunderlich(元来ドイツ語なので「ヴンダーリシ」みたいな音が適当っぽいのだが、日本では通じない可能性が高くて説明がめんどくさいので「ワンダーリッヒ」を押し通してみる。)とAmazon.com。買い物したときに "Shipping weight" の表記があることが多いので、それを控えて足し算すると・・・買い物総重量はざっくり4kgぐらい。Fuel SurchargeやInsuranceを加味した総量はUSD50ぐらいかな、かなり安く上げられそうだな・・・と思ったのはとんでもない誤りだった。
1つ目の買い物を始めて約10日、どのショップもトラッキング番号を教えてくれ、荷物がどこで滞留しているのか一目瞭然である。5月30日には全ての荷物がコンソリ屋に揃ったはずなのだが、コンソリ屋がなかなか動いてくれない。3日遅れて「全部揃ったよ」とのメールがようやく届いたので、発送手続きする。
ここで発覚。

コンソリ屋が言う「重量」とは換算重量(Chageable Weight)だったのだ。
あああああ。自宅に帰れば一般人モード。手痛い誤解。
梱包サイズを気にせず「オレ、エアピローを買ったんだっけ?」と勘違いさせてくれるAmazonのおかげで、カナダ単品直送のほうが安い(上の料金にはDHLの手数料が含まれていない)事態になってしまった。てなことはコンソリ屋も経験上知ってるはずなのに、再梱包を勧めてくれないのはいかがなものか。
後悔先に立たず。
初めてのことなので今回は勉強代と自分を言い聞かせ、到着を待つ。
が、2日待っても「発送した」旨のメールが来ない。イライラしつつ、発送手続き開始から1週間経過した時点でようやく発送メールを受信したら、既に日本のDHLに到着し、通関手続きも終わっている。

で、翌日にはもうデリバリーされたのだが、当然平日昼間は不在。

再配達受付は18時までってどうなのかな?さすが個人は相手にしないビジネス専用便。もっとも、トラッキングのおかげでこの日にデリバリーされそうなことはわかっていたので早めに帰宅、なんとか18時までに再配達手続き完了。
そして。
デン

なんと3個口そのままの荷姿で送ってきやがった。
にも関わらず、3個口揃って到着するところはDHLのいいところ。
消費税+関税(なんで関税がかかるのやら。涙。)+DHL手数料で、締めて3650円。
ホント、今回はいい勉強になりました。
たぶん、よほどマイナーなショップで買い物しない限り、コンソリ屋を使うことはないでしょう。今回のカナダのショップは国際EMSで発送するのが基本のようだし、買物した量を元にCanada Postで計算してみたらCAD108(≒USD110)なので、ショップがUSD100って言ってたのはあながち悪い話じゃない。
もっとも、国際EMSってUSPSRoyal Mailの件もあるのがな・・・。


2 Comments

  1. コンソリ使ったんだ、とTwitterを見てましたが、HopShopGoだったのですね。
    僕も一度、検討した事があったのですが、換算重量以前に結構高いんだなぁと
    その時は使いませんでした。
    後発大手なのか、サイトは綺麗ですよね。
    Wunderlichの製品好きなんですけど、どこで買うと安く届くんでしょうね?
    僕はNippyNormanを使う事が多いですけど、Wunderlich.comもあるんですよね。
    最近知りました。

  2. Marloweさん、ようこそ。
    結局、コンソリ屋を使って安くなるかどうかは賭けの可能性があるかも?と学習した次第です。
    ショップが米国内に発送する際には、サイズが小さくなるように、なんて気遣いは少ないですからね。
    Wunderlichを単品で買う場合は、やはりNippyNormanがいいと思いますよ。
    場合によっては郵便で送ってくれますから。追跡はないけど送料メチャ安。
    Motorworksもいいんですけど、Wunderlichは扱い商品が少ないし、探すのが面倒な構造だし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA