トクテン航空券

先日の都内某所でのキャンプでのFunduroに乗る某氏との何気ない会話から、ニューズーランドなんてトコへツーリングに行こうと考えてみることになり、いろいろと調べてました。
ニューズーランド政府観光局のウェブサイトライダー歓迎色いっぱい。まるで北海道ですな。
まさか、自分が海外でバイクに乗るなんて夢にも思ってなかったから。
つか、残りの人生で海外に行くなんて思ってなかったもんねー。


まずは、マイルを貯める魂胆でANAの国際線サイトへ。
ありゃ? ANAってオセアニア線はないのね。
次に、Star Allianceのエアラインであるニューズーランド航空へ。
何? このサイト。重っ!!
ほうほう。オークランド往復で20万円弱で行けるのか。
・・・ちょっと待て。
アライアンスなら、マイルが使えるんでないの?
再びANAのサイトへ。
うぉ。40000マイルでニューズーランドへ行けるらしい。
が。
先日、年内で期限切れになるマイルを消化するために国内線で特典航空券を手配してしまったので、手持ちは13000マイルほど。それは困っ ・ ・ ・ らない。Oki Dokiポイントが3000ポイントほど貯まってますがな!! これをANAマイルに交換すれば43000マイル!! ヤターッ♪
で、あらためてニューズーランド航空のサイトへ。
今度はマジにスケジュールを確認してみる。夏だし、やっぱり南島だよね~ マウント・クックの麓に行ってみたいナ、と。
ん?日本-ニューズーランド直行便は、行きはクライストチャーチに寄るけど、帰りはオークランドから成田までダイレクトなのね・・・
ということは?クライストチャーチからオークランドへの移動は国内線ってコト?
40000マイルで行けへんやん!!
ここで、ANAマイレージデスクに電話してみる。
結果、50000マイル必要ってことが判明(てか、ウェブサイトにちゃんと書いてあった)。
国内線運賃をケチるために、北島だけにするか?
オークランドから南島へ渡って、オークランドへ帰ってくるのもいいか。
・・・なんて思って、南島へ渡るためのフェリーが発着するウェリントンまでの距離を調べてみると・・・オークランドから、なんと640km!!
高速道路のない場所で640kmイッキか~
いくらクルマが少ないって言うても、仮にも海外やしな・・・と断念。
次に、休みの日程調整をしてみる。いろいろ考えてココしか取れん!! という1週間を見つけて、Oki Dokiポイントがマイルに交換されるタイミングを待って、再びマイレージデスクに電話する。
orz
成田発は満席だってヨヨヨ。
それは話になりまへん。
気を取り直して、同じアライアンスのシンガポール航空を探してみる。
75000マイル必要だぁ?あかんがな↓
翌日。
再び気を取り直して、冷静に考えてみる。
成田発が満席。
シンガポール経由は高い。
・・・そか。
大阪経由とか中部経由ってのはどうなのよ?
ニューズーランド航空のスケジュール表を見てみたら・・・関空発がありますな。
というわけで、マイレージデスクに三度目の電話をしてみる。
関空発、空いてますように。
・・・そんなこんなことをして、なんとか無事に往復のアシを確保できました。
次は、東京から関空までのアシ。
誰だ?バイクで行け、なんて言うのは?
帰りは成田着ですねん。
関空までバイクをピックアップしに行ったらエェやん? アンタは鬼ですかぃ?
一応、ANA便を押さえときましたが、機内のトイレットペーパーが黒スターフライヤーなんていうステキなエアラインがあったりして、心が揺れてます(黒のトイレットペーパーは2007年7月の1ヶ月限定だったけど)。
さて。
パスポート取らなきゃ。
バイクのレンタル申し込みもしなきゃ。
クライストチャーチからオークランドまでの飛行機も予約しなきゃ。
ニューズーランド国内の宿泊?
全部キャンプ、ってのは無謀かな?
羊に轢かれたくないしな・・・


2 Comments

  1.  うおお、即断即決。国外旅行だというのに決断が早いですねー! 私なんて絶対に物怖じしちゃって出来ませんよ。
     でも、いいですねぇ、マイルでニューズーランド。私もいってみたいなぁ……。草原を横切る舗装路を永遠とハイスピードでスカーバーさんと一緒に……(バイクを空輸できない)。夜はJackWolfSkinのテント(購入……、したいなぁ……。今はAraiの登山用です)で悠々と寝て、朝、日が高くなる前に朝食を済ませながら(クラッカーや魚肉ソーセージ、ココアやウイダービタミンイン、カロリーメイトが主食なんですが、持ち出しできるんですかね?)出発して、次のキャンプ場へ……。いいなぁいいなぁ! いいですなぁ!
     しかし、グリップヒーターはやっぱり必要ですか~。うーむ、納車までに後、何万積めばいいんだろう……。BMWのジャケット上下にHID(デイトナもしくはアブソリュート製)、ETC、トップケース、パニアケースetc..etc..。前途多難です!
     ニューズーランドの全泊テント、いいと思いますよ? 食事だけは近所のレストランでとって、睡眠だけテントというのはどうでしょう? 荷物も少なく、それなりに安くあがると思います。
     とにかく、日本の常識は世界の非常識とまでいわれた昨今、旅のご無事をお祈りしております。

  2.  あ、スミマセン。何か誤解が生じる文章になってしまいました。決してRasさんが非常識なのではなく、私のような日本人が非常識なのです。ことに私の非常識さは最近、磨きがかかってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA