北海道ツーリング2011 Day0

8月6日(土)
05:20、起床。
前日までにだいたいのパッキングを済ませておいたので、着替えてバッグ類を積載するのみ。
そして、06:30出発。
常磐道でいわき中央まで走り、08:50に下道へ。
その後は県道とR349をつないで北上する。
目標は角田に13時着。
TMに載っている金八寿司のライダー寿司を一度食べてみたいと思っているからだ。


途中、江田駅を過ぎたあたり、福島r41沿いに「背戸峨廊」なる看板を発見。
何があるのかよくわからないまま、とりあえず苔生した枝道へ入ってゆく。
終点には駐車場があり、こんな標柱が。

あいにく、この先は震災の影響で立入禁止とのこと。
なんのことかさっぱりわからぬまま、背戸峨廊を後にする。

9年ぶりの夏井川渓谷。
篭場の滝の近くで足を川に浸けて涼んでみたかったのだが、あいにく数日前までの雨の影響か、水の色がいまひとつ。
加えて、座ろうとした岩が陽に焼けて座れる状態じゃない。
思い返せば、9年前はこんな標識を見つけて嬉々として写真を撮っていたんだなぁ、としみじみ。もっとも、今回もなぜか全く同じ位置でこの警告標識を撮影したのだが。

川俣付近は東京電力の影響もあって、子供はもとより田畑に出ている大人も見かけない。車も心なしか少ないように思える。早く収束してほしいと願いながら、先を急ぐ。
梁川のヨークベニマル前のセブンイレブンは、仙台方面下道ツーリングの休憩ポイント。近くにあるパン屋さんで売ってるプリンが激旨なので、当然今回も立ち寄ろうとしたのだが・・・空を仰ぐと、どうも雲行きがあやしい。通り雨がありそうなので、後ろ髪を引かれる思いで角田へ向かう。



R113とR349の交差点で、ふと見上げると、そこに白看。(右の写真)




R349沿いにある、角田のこの看板が大好きなのだ。


こんな調子で、大した雨に遭遇することなく仙台港到着は16:20。
出航は19:40なので随分早いが、仙台港アウトレットのモンベルで熊鈴を買ったりして時間を潰す。

結局1時間半ほど待って、同行者たち到着。
3年前と似たような、何やら宴会場らしき部屋に毛布を敷いた急ごしらえ風の二等室だけど、どうせ酔っ払って寝るだけだから関係ないし。


Day0の走行距離 : 386.3km


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA