有峰湖日帰りプチツー

昨日装着したスコットオイラーの滴下油量調整のため、プチツーに行ってきました。
標高の高低差がどれぐらい影響するか確認しておこうと思い、富士山スカイラインを走るつもりでいたのですが・・・
まずは中央道藤野PAで休憩。あの山肌にあるのはなんだ?

この後、失敗。富士吉田方面へ行くべきところ、いつもの調子で勝沼方面へ直進してしまいました。
このとき、午前7時。走りながら暫し考えてみる。
そういや、平湯でキャンプしてる人がいたなぁ。
というわけで、安房峠の向こう側、平湯キャンプ場へ向かうことに決定。
みんなと歓談して、早めに帰路につくつもりだったのですが・・・
現地にいた友人がMakotoさんとmatchanじゃあねー(笑)
予期しない方向へ行こうと話が進んでるみたいです。
まずは、キャンプ場近くの平湯大滝へ。
これが意外に大きな滝だったのですよ。
帰宅後にネットで調べて知ったのですが、「平湯大滝結氷まつり」は一度行ってみたいなぁ。

その後、帰路につくはずが・・・なぜか有峰湖へ行こうという話になり、飛越トンネル通過~

で、やってきました、有峰湖。初めての場所です。昭和12年に着工して昭和37年に完成した人造湖だって。湖畔の橋の多くが昭和34年竣工と記されていました。

有峰湖って、富山県なんですね。日帰りのつもりなんだけどなー。帰れるのか?オレ。
ともかく、ここまで来たら、帰るには北陸道が最寄りらしい。

というわけで、立山ICから北陸道に乗り、有磯海(ありそうみ)SAでは「恋人の聖地」なるものを見物、米山SAでは日本海に降り注ぐ光のシャワーを見て、長岡経由(なんで上信越道経由じゃないんだ!?)で東京方面へ。


そんなこんなで、本日のプチツーは午前5時12分出発、午後10時37分帰着。
走行時間は9時間41分、走行距離851kmは日帰りツーリングの自己最長記録でした。
肝心のスコットオイラー滴下油量は・・・
当初8目盛り→多すぎてアチコチに飛び散りまくり。
次に6目盛り→まだまだ多いみたい。
次に4目盛り→んー、だいたいこんなもんかな。
次の週末は3目盛りと2目盛りで調整です。


5 Comments

  1. お疲れさま。ずいぶん プチなツーリングですね~。(笑)
    アベレージが 88km/hって、、、!(◎_◎;)
    スコットオイラーを付けると、そんなにペースがあがるの?!
    やっぱり パチモンじゃかなわないなぁ。(笑)

  2. お疲れさまでした(^-^;)朝の段階では、さっさとそば食って午前中に中央道に入る予定で、有峰湖は「ありえねー」ルートということで、冗談で話に出ていたんです。それがらすさんが加わったことによって、しかも長岡経由というオマケつきで実行してしまうとは(笑)コレって「三本の矢」なんでしょうか?(爆)

  3. 藤野の山肌にあるのは「緑のラブレター」っていうモノだそうですね。芸術作品らしいです。
    今まで、何度か藤野PAで休憩したことはありましたが、昨日初めて気付きました。
    それから、平湯大滝を見た後に有峰湖へ行くんなら、称名滝もセットで巡るのが相場らしい。
    すぐ近くまで行ったんだから、寄っておくべきだったかな。って、そんな時間はなかったけれど。
    残雪の季節に訪れたいですね。
    そのときは、****さんオススメ?の吉川鮮魚店@糸魚川にも行きましょうかね。
    ****さん>
    や、書いた直後に撃沈しました。
    そして、今日は一日、機能しませんでしたヨ。仕事休めばよかった・・・
    ****さん>
    実は、エンジンオイルを交換したんです。
    ****さんと物々交換したシェブロンの20W-50なんですけど、これが早いのよ。(違w)
    ****さん>
    平湯大滝から駐車場に戻ってきたときまでは冗談だと思ってましたよ。
    が、温泉に行くぐらいならまっすぐ帰る、の言葉で、コリャマジだ、と悟りましたワ。
    昨日のコメントレスにも書きましたけど、ネジとビットとラチェットハンドルの関係ですね。
    やまさん?さしずめ、5-56かな?(笑)

  4. >もうすぐ16時って時間に、なんで東京から500km離れた前沢にいるのさ?
    この時はまだ東北道にすら入っていなかったんでしたよね。
    今回は昼過ぎには東京まで500kmを切っていましたから、我々もずいぶん大人になったもんです(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA