バイク用ETC(その18 – マイレージサービスの二輪車登録)

東/中/西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社及び本州四国連絡高速道路株式会社が行うETCマイレージサービスでは、お申込みに際し、セットアップされたETC車載器を保有していただく必要がありますが、このたび、二輪車用ETC車載器が市販化されるまでの間、二輪車(排気量が125ccを超える二輪車に限ります。)をお持ちのお客様を対象に、ETC車載器なしでのお申込みを受け付けることとしました

ソース : 東日本高速 3月23日プレスリリース

首都高速道路株式会社が行う曜日別時間帯別割引やお得意様割引等の各種料金サービスをご利用いただく場合は、ETC カードとETC 車載器を使用し、無線通信によりご通行していただく必要がありますが、このたび、二輪車用ETC 車載器が市販化されるまでの間、二輪車でご通行されるお客様を対象に、ETC カードのみでの各種ETC 料金サービスの適用を開始します

ソース : 首都高速 3月23日プレスリリース
首都高の割引対応は、まぁヨシとしよう。(別の問題だが、首都高はマイレージ制度に参加して、旧JHとマイレージを相互交換できるようにしろっつーの。)
問題は旧JH道路会社3社である。二輪車ならETCカード手渡しでもマイレージをつけるのは当然としても、肝心の深夜・通勤・夜間早朝割引はどうするつもりなんだろう。それは無線通行が大前提よ、っていうのはどう考えてもおかしい。

各高速道路会社が実施する割引の内容につきましては、同日付で各高速道路会社より別途発表がありますので、そちらをご覧ください。

ソース : 国土交通省道路局 3月23日記者発表(二輪車ETCの試行運用状況と当面の措置について)
マイレージサービスは料金還元であって割引ではない。ということは、深夜・通勤・夜間早朝割引、或いは二輪車特別割引なんてーのを期待していいのだろうか。(ムリムリ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA