慣らしツーリング

奥只見にしようか川原湯温泉にしようか迷いに迷ったのですが、F650GSに乗るのは5月5日以来ということもあって少しおっかなびっくりだったので、近場を選びました。近場にも関わらず外環道・関越道で渋川伊香保を目指します。高速1000円のおかげで、すっかり大名ツーリング派になってしまったのはいかがなものか。
その朝の関越道で数百m前を走っていた乗用車の屋根から転げ落ちる自転車を目撃した瞬間は身体が凍りつきました。安全運転で行かねば。


JR川原湯温泉駅拡大する

川原湯温泉。
数年前からダムに沈む温泉として聞いていながら、なかなか行く機会がありませんでした。JR川原湯温泉駅も湖底に沈むそうです。吾妻線は廃線になるわけではないので、線路の付け替えが行われているようです。

川原湯温泉入口拡大する

川原湯温泉入口。どこにでもある門ですが、随分立派です。補償金で新しくしたのでしょうか。

川原湯温泉足湯拡大する

奥のほうには足湯がありました。

共同浴場王湯拡大する

共同浴場の王湯。10時開店なので、今回は入れませんでした。(この写真を撮ったのは朝8時半)

聖天様露天風呂拡大する

今回の狙い目、聖天様露天風呂。
数年前までは無料という話を聞いていたと記憶しているのですが、いつの間にか清掃協力金を求められるようになっています。風呂は混浴でとてもシンプル。服を脱ぐところが湯船から丸見えなので、女性は少々厳しいかも。もちろん水着や湯浴み着はngです。
湯温は少々熱め。湯に漬かっては出て、を繰り返して、すっかりいい気持ちになれました。

孫になります?テレビ?

やなぎばさんに教えてもらったつまごいパノラマライン。
昔は広域農道だったようですが、現在は村道っぽいです。
眺めはほとんどダイジェスト版北海道。
こりゃいいや。北海道に行かなくて済む。・・・って言いながら、今年も行くんですけどね。
・・・ごめん、やなぎばさん、キャベツ買ってくるの忘れた(ToT)
ダイジェスト版北海道拡大する

こういう眺め、どっかで見たことあるねぇ。

愛妾の丘?拡大する

遠くから見えたこの看板、「愛妾の丘」に見えました。
すんげーネーミングだな、と思って立ち寄ってみたら、愛妻の丘。なんや、おもろない。フツーやん。でも、この丘から眺める浅間山はとてもよかったです。空気がパリッと透き通った日に来たいですね。

レンゲツツジ拡大する

嬬恋村から湯の丸高原へ向かう県道ではレンゲツツジが満開でした。
オレンジと緑って、いい配色ですなぁ。

湯の丸林道拡大する

湯の丸高原の頂上、地蔵峠から東へ入る道、アサマ2000スキー場を突っ切る湯の丸林道を走ってみようとしたところ・・・池の平湿原前からダートですがな。CSだったらドキドキしながら走るトコですが、さすがGS、ドキドキって感覚はなかったです。1箇所深ジャリでハンドルを取られたときに少しヒヤッとしたのはナイショwink
この道、ダートとは思えない車種が随分多く走ってます。セルシオ、アルファード、Z3、ワゴンR、そして、なんと言っても圧巻はドリフトさせてる佐川急便の2t車。パリダカの菅原義正かとオモタ・・・

この後、暇人コーヒー@スノーベルに立ち寄り、懐かしい人たちと話を交わしてました。
双葉SAのラベンダー拡大する

帰路、双葉SAにて。
ラベンダーがいい香りでした。あぁ、北海道に行かなくていいや。(でも行くんだよなw)

本日の走行距離:525km


11 Comments

  1. ****さん>
    こりゃどーも!
    本来ならワタシが調べてアップしておくべきモノですが。
    4年も前からそんな生活をしていたとは(笑)
    って、んなワケないって。ダカール納車から1年も経っていない頃でしょ?
    日本一短いトンネル、やはりチェキラ済みでしたか。
    カメラ雑誌かな? 通過中ってことは電チラかな?
    ところで、wikipediaはURLにダブルバイトを含むので、自動リンクが切れてしまうんですよね。
    コピペするのもメンドウかと思いますので、変換しておきました。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%81%be%e3%81%94%e3%81%be%e3%81%94%e5%b5%90
    しかし、****さん・・・ナニゲに詳しいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA