F650GSにいろいろ取り付け(その1)

トップケースホルダとスクリーンが1月に届いていたのだが、この季節は結構忙しくて、ようやく取り付けることができた。


まずGIVIのスクリーンだが、取り付けそのものは10分程度で完了。とても簡単。
標準のスクリーンと比較して26cmほど長く(純正オプションのツーリングシールドより6cmほど長い)、乗車時の視点で約100m先がスクリーン上端の境目だ。メチャメチャ見にくいが、こればっかりは運みたいなもの。
GIVIスクリーン
そして、Motorworksのサイトでコメントされていた「フルロックするとハンドガードがスクリーンに干渉する」って噂を検証した。ハンドルロック状態なら干渉しないのだが、フルロックするとスクリーンにブチ当たる。とりあえずは困らないので、ボチボチ対策を検討しよう。
選択肢は、ブチ当たるところを削るかオフセットするか。
削るとすれば2cmぐらい。かなりの量だ。
オフセットするとなればステーを自作することになるので、少々手間と言える。
下の写真は、ハンドガードがスクリーンに当たった状態のフォークブリッジのストッパー部分。2mmほどの隙間がある。
スクリーンとハンドル干渉の結果
不審な荷物7日(土)にスクリーンとH&Bのトップケースホルダーを装着しようと思っていたら、金曜夜に某氏から小悪魔のようなラブラブメールを受信した。H&Bのサイドケースホルダーが格安で手に入るとのこと。ふたつ返事で取引成立。日曜朝には届くって知らせなので、作業を待つことにする。
届いた梱包状態は、まさに不審な荷物w
いつも気にかけてくれてありがとね、Sさん。

で、トップケースホルダーとサイドケースホルダーを同時並行で装着する。
問題は下の写真の箇所。ここに使われているのがT40よりも大きいトルクスねじで、車載工具はもちろん、手持ちの工具にない。T45か?T50か?このねじを外したら当面は使うアテがなさそうなサイズなので、とりあえずT40のビットを使ってナメないようにゆっくり回してみたら、なんとか外れた。でも、このサイズは他にも使われてる可能性があるので、できれば持っておきたいところ。ちなみに、ハンドルエンドはT55らしい。
青森在住のF650GS乗りさん、現物合わせありがとうございました。
スクリーンとハンドル干渉の結果
さて、本腰入れて装着作業開始。
と思ったら、なんだこのねじの多さは。
なんなんだ、このネジの多さは。
ひととおり装着を終えて、いざトップケースを載せてみたら・・・旧ホルダーでは横ずれ防止のために後付けしたポッチが邪魔になって、トップケースを装着できないことが判明。
仕方がないので、このポッチを外す。シェルパには汎用キャリアが装着されているのだが、ポッチなしでも大丈夫なんだろうか??
H&Bのキャリアは仕様が変わったらしい。
サイドケースホルダーはクイックリリースシステムって方式で取り付けるのですが、そのために使う「ロックイットスクリュー」のヘッドは、なんと8mmのHEXボルト。8mmのHEXレンチなんて持ってませんがな。
ってことで、早めに閉店してHEXレンチとT45かT50のトルクスビットを買いに出かけた。
さて、クイックリリースシステムは正常に動作するのか?そして、取り付けに何秒かかるのか?製造元のサイトによれば数秒らしいのだが、明らかに誇大表現であるw
続きは後日。


10 Comments

  1. そっか、GIVIは高すぎて見にくいのか
    ツアラテックはゆがみが酷くて、すぐヤフオク行きでした
    やっぱり高いけど純正がいいのかなぁ
    とりあえず切れ角が多少小さくなるけど、フォークブリッジのストッパーに、 鉄板でも咬ませれば当たらなくならないかな
    ところで、なんでS市のS氏がF650Twin用のサイドケースホルダーを
    持ってるの

  2. >ポッチなしでも大丈夫なんだろうか??
    ヘプコのトップケース、現在3個目ですが、いずれもポッチをつけたことがありません
    今のところ落下事例はありませんです。

  3. そう言えば、本日トップケース装着後にテストライドのために都内を少し走ったのですが、偶然にも本所三丁目付近で青のF6GS(Twin)に遭遇しました。信号待ちがほとんどなくてライダーと話す機会がなかったのが残念。彼は標準のスクリーンと純正トップケースでしたが、数百m並走する間、必死にワタシのキャリアを眺めてました。
    ****さん>
    おぉ。送ってくれたのは****さんでしたか。
    本名だったからわからなかったyoyoyo(嘘)
    ****さん>
    ゆがみはメーターパネルの左右付近以外は殆どないようです。
    純正だとスクリーンのステーが付きますから、高速走行時の微振動も軽減されるでしょうね。
    フォークブリッジのストッパーに鉄板でも咬ませるって・・・方法がわかりません
    黒坂で教えてね。
    ****さん>
    ほうほう。近いうちにシェルパに装着して確認してみます。
    ****さんは走りがジェントルだから、なんてオチはナシですぜw

  4. >ところで、なんでS市のS氏がF650Twin用のサイドケースホルダーを持ってるの
    S市のS氏ですが(笑)
    昨秋に私がエゲレスから部品を買うときにF800GSを買うつもりだった知人のを一緒に買ったんですが、昨今の不況により早々に断念せざる終えなくなった遺品です(^_^;)
    自分で使うことも考えたんですがね・・・

  5. ****さん>
    それそれ。気になってるんですよ。
    F8風に吸気ダクトのトリックアートを誰に描いてもらうかな・・・てな話ではなくて、以前****さんがR12GSを塗ったみたいにね。やっぱり、アルピンホワイトでしょうか。で、シートは水色っぽい青かな。ブラウザカラーで言えば、royalblue。CMYKで言えば、71:53:0:12。
    ちなみに、和色大辞典によれば、「BMW F650GS」は
    BMW F650GSの36%は★羊羹色(ようかんいろ)でできています。
    BMW F650GSの32%は★憲法黒茶(けんぽうくろちゃ)でできています。
    BMW F650GSの11%は★藍墨茶(あいすみちゃ)でできています。
    BMW F650GSの10%は★深緋(こきひ)でできています。
    BMW F650GSの5%は★赤香(あかこう)でできています。
    BMW F650GSの3%は★丁子茶(ちょうじちゃ)でできています。
    BMW F650GSの1%は★橙色(だいだいいろ)でできています。
    BMW F650GSの1%は★玉蜀黍色(とうもろこしいろ)でできています。
    BMW F650GSの1%は★桑茶(くわちゃ)でできています。
    http://www.colordic.org/analyze.php?q=BMW+F650GS&d=w
    だそうです...
    ****さん>
    一応 http://www.kyototool.co.jp/products/catalog/33/pdf/153.pdf なふうに対応テーブルは整備されてますけど、呼びと実寸が一致しないので難儀なんですよね。
    この対応表は今見つけてきたものでして、サイズ不明のトルクスはT45だと判明しました。
    ****さん>
    ほっほー。そりゃ随分気の早い準備だったんですね。さぞかしショックだったことでしょう。
    ****さん>
    や、実は、十分にさりげあるんですよ。
    ちょうど、あんこうオフの前後のことでして・・・ (^^;
    お披露目する頃、どこまで原型を残しているだろうか?w

  6. アルピンホワイトはお気に入りの色なんですが、
    この赤も私は結構好きなんですよ。
    なので、ベースカラーを活かして部分的に色を入れるのもアリかな、と。
    私のフォトアルバムに落書きしたのを入れておきました。
    イメージ変わると思いますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA