ご当地ナンバー、10月から開始

国土交通省は1日、平成18年度に新しく導入される自動車の地域名表示ナンバープレート(ご当地ナンバー)の導入について、「つくば」(平成19年2月導入)を除く17地域で今年10月から実施することを決定した。18年度中にご当地ナンバーに移行する地域は、「仙台」「会津」「那須」「高崎」「つくば」「川越」「成田」「柏」「諏訪」「伊豆」「金沢」「豊田」「一宮」「岡崎」「鈴鹿」「堺」「倉敷」「下関」の18地域。

ソース : 日本商工会議所 「ご当地ナンバー」17地域で10月に導入(国土交通省)
関連リンク : 新たな地域名表示ナンバープレートの導入について (2006.03.01)
       新たな地域名表示ナンバープレートの導入について (2005.07.29) ←各ナンバーの対象市町村はココで参照
なんだかなぁ、どのナンバーもパッとしませんな。
しかし、愛知県はいったいどうなってるんだろ? 名古屋、尾張小牧、三河、豊橋に加えて、豊田、一宮、岡崎、か。三河ナンバーの登録検査事務所って豊田市にあるのにね。 と今さら言ってもしようがないけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA