山陰ツーリング2015 Day3

9月21日(月)
05:00起床。
前夜23時頃にバイクが通りかかる音を聞き、てっきりこんな時間に到着設営か?と夢うつつに思っていたが、場内には誰もいなかった。さてはキツネの仕業だな?

こんなに広いキャンプ場を独り占め。

四阿の下でインナーテントだけ張ったのです。

ケータイ圏外ってことを除けば、なかなかいいキャンプ場ですよ。

旧弥栄村役場前で撤収完了をツイートした後、国道186号で50高中を発見したり、

旧芸北町で「らしくない」保育所を眺めたり。
ちなみに、この校舎、現在はさつきケ丘保育所と名乗っているが、通りがかったトラックドライバーに聞いたところ、そのドライバーの父上が卒業した雄鹿原中学校だったそうだ。いやあ、中学校にしろ保育所にしろ、えらく品のある校舎でないの。

この後、芸北広域農道脇の町道で素晴らしい吊橋に出会い、今まで何度も素通りしていた安芸高田のループ橋を取材し、三江線所木駅横の、江の川に架かる吊橋を眺めた。
これらの橋はいずれ記事にして公開しよう。

尾関山俯瞰で撮影にチャレンジしようとしたが、なぜか急に曇ったので早々に切り上げる。

旧君田村の道の駅近くでいくつかの廃橋発見。
中でもこれが気になった。水道橋跡だろうか。

そして道の駅では予期せず屋根付橋に遭遇。

ああ、今回の旅はなんて課題が多いんだろう。復習と継続調査がてんこ盛りではないか。

噂のベタ踏み坂、過去に走ったことはあるけれど、特徴ある姿は写真に収めていない。
江島大橋遠望拡大する
というわけで、誰もいない場所でゆっくりと江島大橋遠望を撮影じゃ。

このとき時刻は15:30。
そろそろ設営地が気になる時間帯。翌日のことを考えて、なんとか鳥取市内まで行きたいが。
ともかく大混雑する米子を抜けないことには話にならない。
しかし、敢えなく倉吉で日没時間切れ。最寄りは北条オートキャンプ場だが利用料の高さに目眩を感じ、進路を南へ向ける。

なんとか日没直前に大山池野営場にたどり着き、薄暗い中で設営完了。

いい湯との噂が記憶にあった関金温泉に行ってみたが。

買い出しを終えてキャンプ場に戻ったのは20時30分。
テントの中で夕食を摂り、眠りについたのは22時近くになっていた。いろいろ無理したな。


Day3の走行距離 : 337.6km


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA