道路政策年度末総決算

3月31日から4月1日にかけて、道路に関する政策や各種サービスの発表が種々行われた。年度末・年度初だからわからなくもないが、ドサクサまぎれにトンでもない発表が含まれている可能性があるので要注意だ。


アクアラインは結局ETC車限定値下げを断行したんだな。それでも高いままなんだが。新聞でも報道されていたが、作らないはずの高速道路は結局20兆円かけて全部作ることになったし。それだけのカネをかけるのなら、むしろ一般国道の高規格化(=日本版フリーウェイ)を進めてほしいものである。
私にとって、もっとも興味があるのは中央道のETC早朝夜間割引適用区間拡大の話題だろうか。早くモニター区間を拡大してもらいたいものだ。と言いつつも、甲州街道ルートで帰ってくるときは、韮崎から中央道に乗って甲府昭和で降り、勝沼から再び中央道に乗るってケースがほとんどなので、大いにトクするってわけでもないのだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA