生還


■バイク転倒事故で林道に孤立ライダー救出

山形県酒田市升田の鳥海山の林道で13日、自営業佐藤*さん(**=秋田県由利本荘市**)のバイクが転倒、重傷を負って動けなくなっていたが、捜索していたツーリング仲間が14日に発見、秋田県の防災ヘリで救助された。助けを待つ間にクマにも遭遇、バイクをたたいて音を出して追い払ったという。
 秋田県警由利本荘署によると、佐藤さんは13日午後3時ごろ、1人で山形県へツーリングに行く途中、鳥海山の林道の砂利道で転倒。左足首を骨折するなどの重傷を負った。携帯電話を持っていたが、通じない区域だった。
 妻が14日午前1時ごろ、「夫が帰らない」と同署に連絡、署員らが捜索を始めた。午前10時40分ごろ、佐藤さんと以前、一緒に通った林道を捜索していたツーリング仲間2人が佐藤さんを発見した。

(日刊スポーツ)
鳥海山ってことは奥山林道ですかね?
山ん中で転倒して骨折って・・・どっかで聞いたことがある話ですね。
しかし、「助けを待つ間にクマにも遭遇」って、すごいなー。
何よりまして、「以前、一緒に通った林道を捜索していたツーリング仲間2人が発見した。」ってことに感動です。持つべきは友。そして、ソロツーするときは誰かに大体の行き先を言っとくのが大事ですね。


3 Comments

  1. 船には、船が沈没したら自動的に遭難信号を発信するEPIRBってのが必ず備え付けられています。一定の水圧がかかったらカギが外れるようになっているのです。
    同様の仕組みが陸の世界にもあるといいのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA