「ハーレー」窃盗団、台湾人7人逮捕


 米国製の高級大型オートバイ「ハーレーダビッドソン」を専門に狙う窃盗団のメンバーの台湾人7人が、警視庁捜査3課に窃盗などの容疑で逮捕されていたことが19日、わかった。 (後略)


ニュースソース : 読売新聞
今年だけで、東京都内で100台以上が盗まれているそうな。
F仲間では今年で6台ぐらい盗まれたかなぁ。ココセコムでかなりいいところまで追い詰めることができたらしいが、結局場所や犯人を特定できず、バイクは戻ってきていないらしい。
ピッキングもスリも根底は同じであるが、もっと気合を入れて窃盗犯を探して欲しい。
ドロボウは割に合わないことだと知らしめるべきである。
ただ、犯人は外国人が多いんだよなー。
「監獄?入りゃいいんだろ。」「賠償金?払えねぇ。」で済んでしまうのが歯がゆい。
人道的、かつ、効果的な罰則規定って、作れんもんかね?
ところでこの記事、HDの盗難が話題の中心かと思いきや、窃盗品の国外への動きをBMWのオーナーズクラブに取材している。十把一絡とはよく言ったものであるが、今回逮捕された犯人たちが、なぜHDだけを狙うのかという疑問は湧かなかったのだろうか? 世間一般から見れば、HDもBMWもDUCATiも同じ大型バイクだろ?
いくら即時性が要求される社会面と言えど、見出しと本文の整合性ぐらい取ってほしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA