ホーン交換(成功編)

先週、一筋縄ではうまく交換できない ことに気付いた後、毎日のように写真や現物を眺め、どうすりゃいいのか検討してきた。やっぱり削らないとムリか? と思っていたところ、写真を反対から見てふとひらめいた。上下変えればエエんとちゃう?
交換後ホーン取付位置右の写真のように、これまではフォークブリッジの上側についていたが、これを下側にしてみた。それでも、ラッパ部を正面にすると、ハンドルを切ったとき、新ホーンの防水蓋がヘッドライトケースの後端に当たる。ラッパ部の向きを少し右寄りに調整して、無事取付完了。
400Hzなホーンの音 になった。文字で表現すると、標準装備品が「ピー」に対して、新ホーンは「プー」。カナリ大音量になって、かかった費用の割には満足。取付後のテストラン環七走行では、用もないのに鳴らしてニヤニヤ。
でも、やっぱり迫力あるダブルホーンがいいなぁ。

ただ、標準装備品の電源端子は見たことのない2線一体型のコネクタであったが、新ホーンは平型端子であり、流用できないので切るしかなかった。標準装備品に戻すことがあったら困りそうだな・・・
Odometer : 33,406km


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA