Facebookはmixiを超えたのか?

純日本的SNSのmixi、最近はGREEを追いかけようとしてるのか、ゲーセン状態。
片や鳴り物入りで上陸したFacebook、ネット上で何かと話題になっているみたい。
最初はmixiもGREEも実名を公開するのが一般的だったようだが、参加者が増えるにつれ、いわゆる衆愚化の気配が漂う頃には、スクリーンネームだけを公開し、かつ、日記も友達まで、もしくは友達の友達まで、に変化してきたようだ。ワタシは衆愚化してから参加したけど。
一方、Facebookはリアルなソーシャルネットワーキングを徹底的に追求しようという姿勢がよく見える。実名登録しないと肩身が狭そうだし、顔写真を載せるのも当然のこと(載せてない人も結構いるけど)。さらには、誕生日はもちろんのこと、メールアドレス・住所・電話番号さえ載せることができる。
正直なところ、「なんなんだこの世界は!?」と面喰らっている。


ともかく首を突っ込む余裕があるときには突っ込んでみて、様子を見てみようと思う。その前に、どれぐらいの人気なのか客観的な数値が欲しくて、Google Insightsで検索してみたところ…
Google Insightsによる日本のSNSトレンド拡大する
Google Insightsによる日本のSNSトレンド

やー、これは急成長ですな。
どうも、ここ数日で国内の検索トレンドとしてはFacebookがmixiを抜いたっぽい。そして、まだまだ伸びる気配を見せている。
もっとも、"facebook español","facebook argentina"なんてのが検索語の上位にあるので、日本在住の外国人の間でヒートアップしているのかも知れないが。

Google Insightsの生データはこちらdownwardleft

ともあれ、ワタシにとっては、リアルなバイク友達のほとんどがmixiにいて(そして、マイミクになっている)、ツーリングや宴会のお誘い、友人の結婚披露宴招待、人生相談等々、コミュニティ内のあらゆるコミュニケーションをmixi内でほぼ完結できるので、便利なことこのうえないSNSである。
できれば、mixiボイス・日記・写真と動画・コミュニティ更新(そして、今はないけど位置情報)等がひとつのタイムライン上に並んでくれると、いま、誰が何をしているのか想像しやすくなり、いっそうmixiにアクセスする機会が増えると思う。もっとも、ソレがゆえにバイクつながり以外の友人をマイミクに加えることには少し抵抗がある。通じない話がどうしても出てくるからだ。
そこで、Facebookのリアル性の高さを活かして、普段顔を合わせることが少ない同窓生や仕事関係等のコミュニティに参加するきっかけになることを期待してみようか。
※だからと言って、バイクつながりの友人を拒否するわけではアリマセン。結局はバイクつながりが大多数になりそうな予感(笑)
そういうわけなので、Facebookとmixiはうまく使い分けられそうだ。(ホントか!? GREEやMySpaceは死んでるぞ? blogだって最近復活させたばっかりだしsmile
それにつけても、Google Insightsは面白いなぁ。
「おは奥」と「すて奥」のトレンドなんてのもわかる。やはり、どっちも11月に検索が集中するんだねえ。それに、拮抗してるよ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA