iPhoneで写真を投稿するみなさまへ

iPhoneでblogやTwitterに写真を投稿すると、位置情報がダダ漏れで危険、と随分前からあちこちで囁かれていたはずなのですが。
まだ、そういう写真がネット上にゴロゴロしてますね。

今日、たまたま見かけた写真。

まぁ、エントリー内容とともに想像すると、ソッチ系カップルのアレ系写真かと。
何気なくExif Viewer経由でストリートビューを見てみたら、一軒家なんですよね。
写真のタイムスタンプは昨日午後だったので、動かぬ証拠じゃ~、てな状態。

というか、目を隠してるとは言え、そんな写真を撮るのかな?
そして、なんでネットに上げるのかな?
見せしめに晒してやろうかと思ったけれど、ワタシが犯罪者扱いされそうなんでやめておきました。

投稿写真には位置情報をつけておくほうが何かと便利な場合が多いと思いますが、ソッチ系の写真でなくても、自宅の位置がバレバレになるのはあまりよろしくないかと。iPhoneで写真を撮って投稿する人は、写真を撮る都度に位置情報を付加するか選択するか、"Geotag Editor 1.2"ってアプリ必携ですね。

ワタシが使っている堂々のガラケー(auの古い機種だけど、おそらく、iPhone以外の携帯電話機全て)はかなり強く意識して位置情報を付加する行動が必要なので、そういう心配は少ないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA