暴走族一掃に新兵器…

暴走族一掃に“新兵器” 着色弾発射機や黒バイ
 大みそかから元旦にかけ多数のオートバイが連なって富士山に向かう「初日の出暴走」など、暴走族の集団暴走行為に対し、警視庁 は、着色弾発射機や覆面バイクといった“新兵器”を使った摘発に乗り出した。
(中略)
 既に配備されているのは、塗料噴射器やカメラを装備した暴走族取り締まり用 覆面オートバイ「ブラックウイング」(通称黒バイ)。暴走車両を追い抜きざま、洗剤でも落ちない塗料を吹き付けて証拠を残し、言い逃れができないようにする。
(後略)

ニュースソース : 共同通信
あれれ、去年だったか和歌山県警が導入してずいぶん評判になったが、それは「ブラックパンサー」だったような気が… まるっきりボーヤンのチーム名やんけー、と大笑いした記憶がある。
で、警視庁は「ブラックウィング」でっか。
ま、名前は何でもええけど。
11月1日改正道交法施行に伴って、ボーヤン取締りが強化される。
特に爆音系マフラーがヤバいらしい。
標準品だから、と安心はできない。知らない間に穴が開いてることもあるからなぁ。
私の場合、現状はどこから聞いても取締られるような音量ではないが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA