DOKEN ウィンド・スクリーン

他社のスクリーンとじっくり比べて、当サイトでレポートして、評判を聞いて、それから何を買うか決めようと思っていたけれど、意外な人から意外な後押し(詳細は2月23日のヒミツ集会で明らかに?)を受けて、DOKENのウィンド・スクリーン[ハードコートスモーク:標準価格 19,000円]を付けてしまった。

インプレッション

  • 車載工具のT25トルクスドライバーで標準スクリーンを外し、DOKENスクリーンを3mmヘキサゴンレンチ(六角レンチとかアーレンキーとも言う。コレ、車載工具にない。)で取り付ける。所要時間は約10分間。工具さえあればめっちゃ簡単。
  • 標準スクリーンでは風が頭部に当たる印象が強く、110km/h以下で走らないと首がつらかった(= BMWが新たに開発したスピードリミッターらしい)が、取替え後は大幅に改善された。
  • スクリーンの剛性はかなりありそう。少なくとも走行中の振動程度で破損することはないだろう。
  • 何km/hまでイケるかって? 私は試してないが、当サイトにしょっちゅうおいで頂いている某氏によれば、「巡航速度は高速で免停になる速度辺りまで使えます。」とのこと。
  • なお、某氏曰く「見てくれも他のCSと差別化が図れますので、お奨めです。」とのことだが、このスクリーン装着車はミョーに多いので、むしろ同化するだろう。(≧∇≦)ブァッハハ!


2002年09月25日
BMW BIKES Vol.16 動研の広告ページに "f650 Urbit/T" を構成するパーツとして、動研オリジナルスクリーンが紹介される。価格・発売時期等一切不明。

2002年10月19日
CSオフにて、動研のウェブサイトにオリジナルスクリーンが掲載されていたことが話題になった。価格は判明するも、スモークとシャイニングの違いなど、まるでわからず。

2002年10月下旬
お友達の GOさん、かずぼんさん、Beginさん、Makotoさん、中野さん等々が相次いで動研スクリーンを発注したことが判明。私はGIVIその他の製品が出るのを待ち、いい方を選ぶことに決めた。

2002年12月中旬
注文分のスクリーンがディーラーに入荷したとの情報が当サイトのBBSで大いに話題となる。
サイトオーナーはカヤの外。 ┐(´-`)┌

2002年12月22日
かずぼんさん、GOさんがスクリーンを取り付けた旨、当サイトのBBSでレポートされる。

2003年01月12日
DOKENチャリティラリーin御前崎に参加の全CS(3台)がDOKENスクリーンを装着したことが目撃される。

2003年02月10日
突然、某氏から悪魔の囁きメールが届く。

2003年02月15日
らす@CS水色、ついにDOKENウィンド・スクリーンを取り付ける。


(後注) より目立ちたい場合は、ハードコートスモークではなく、シャイニングコート(蒸着コーティング)がオススメ。値段は10,000円近く高いが、それだけの価値(とにかく目立つ・キレイ)はある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA