熊毛横断歩道橋


JR岩徳線勝間駅、或いは山陽自動車道熊毛IC。どちらも県外の旅行者にとっては無縁の地だろう。これらの近く、国道2号が国道旧道と分岐する付近に架けられた歩道橋の一端がループしている。

この熊毛横断歩道橋の西250mには勝間横断歩道橋がある。
なぜそんな短区間に2件の歩道橋?

こちら熊毛横断歩道橋は、近くの「あおば幼稚園」関係者の利用を想定したものだと考えられる。旧勝間中学校(1964年に現在の熊毛中学校に統合)敷地跡にあおば幼稚園が開園したのが1980(昭和55年)4月。スムーズな通行ができるよう小学校と登下校列を分離するべく請願されたのだろう。国道旧道は平日朝夕が歩行者・軽車両専用道路になっている。自転車用スロープがないのは、作ったところで使われないことを見越していたとした言いようがない。賢明な判断と言えよう。

カテゴリー螺旋階段歩道橋
路線国道2号
所在地山口県周南市呼坂
回転度810度
完成時期1982(昭和57)年3月
実走行日2018-05-19
全景写真
熊毛横断歩道橋全景拡大する
国道2号下り方面を眺めたときの熊毛横断歩道橋。とてもよく目立つので国道走行時のランドマークになっているだろう。
国道2号上り方面を眺める。
橋歴板の1981年11月は桁の完成時期を示している。歩道橋としての完成は昭和56年度末とのこと。