高松歩道橋


JR高崎駅の西、烏川沿いを通る国道17号和田橋交差点付近の立体交差事業「高松立体」の一環で、2010(平成22)年度に架け替えられた高松歩道橋の西側取付部がループしている。

立体横断施設技術基準(歩道橋の指針)ではなく道路橋示方書を適用している。毎年8月初めに開催される高崎まつり大花火大会の対策だろう。

カテゴリー螺旋階段歩道橋
路線国道17号
所在地群馬県高崎市高松町
実走行日2016-03-05
全景写真
スロープの勾配は緩めの印象だ。自転車に乗った高校生が難なく漕ぎ登っていった。
烏川のすぐ横にある。
橋歴板に関係各社の社名を刻むのは普通だが、主任担当者名も記載するのはどうなんだろう?トンネルでは一般的だが、歩道橋では初めて見たかも。