カームタウン木ノ上ロータリー


大分市の稙田(わさだ)から宗方にかけての丘を切り開いて造成されたニュータウン、カームタウン木ノ上。デベロッパーは別府市を本拠とする(株)大基興産。2007年3月に第一期造成、2010年6月に第二期造成が完了した。その第二期の区画中央に円形交差点が設けられている。

残念ながら回転方向の指示も案内もなく、実際に通行する地元車も左回りする車両があって、ロータリーとさえも言えないかも知れない。

周辺道路と異なり、環道部分は透水性または保水性の舗装材が敷かれている。路面が傾斜しているわけではないし冬季に路面凍結のおそれがある地域でもなく、意図が読めない。

カテゴリーロータリー
路線市道5-1589 カームタウン木の上団地23号線/
市道5-1590 カームタウン木の上団地24号線
所在地大分県大分市木上
完成時期2010年6月
実走行日2017-04-30
全景写真
東側(団地入口側)から眺める。
南側から眺める。
西側から。
北側から。まだまだ絶賛分譲中のようだ。