福本大橋


岡山三大河川のひとつである吉井川。その支流である福本川に架かる橋。

2013年版ツーリングマップルによれば県道ではないようだが、Google Mapsによれば県道。

岡山県のサイト 社会基盤>道路>道路計画・建設>おかやまの道路2012>20_岡山県道路網図 によれば、Google Mapsが正しいように見える。実際、現地には岡山県のドボク関係の指定区間を示す標識が乱立しているので、間違いないだろう。

路線岡山県道341号
所在地岡山県津山市坪井上
回転度300度
実走行日2013-05-03
全景写真

北からアプローチして福本大橋をくぐったところにある唐谷橋の上から撮影。写真中央左のガードレール右端あたりから旧道が分岐している。

唐谷橋銘板。

唐谷橋から天ヶ谷橋を撮影。天ヶ谷橋は唐谷橋と福本大橋の間に位置する。

天ヶ谷橋銘板。

福本大橋銘板。他の2つの橋より1年遅れて竣工している。

福本大橋ループ全景。大規模のの字だ。

福本大橋から北側を眺める。旧道沿いに1軒の民家。

福本大橋全景。こうして見ると道幅がたっぷり確保された、いかにも近年の県道に見えるが・・・

福本大橋から南側を眺める。現道の間に旧道が見える。事実上の廃道だ。
この写真の右上部分に、コンクリートで固めた法面の上につながる階段が設けられている。そこに上がればループ全景をキレイに撮影できそうな気がするのだが、ハンドレールや踏み板を包むように蔓が絡んでいて、とても人が通れる状態ではない。永らくメンテナンスされていない証か。
この福本大橋から南側は福本川に沿って1車線の狭隘区間が続く。

「福本大橋」という名称の橋梁は岡山県内にもうひとつある。国道374号の河会川に架かる橋だ。こちらは橋梁が所在する集落に由来する名称である。

大きな地図で見る


One Comment

Comments are closed.