光大橋


(2005年7月16日初訪)
国縫と瀬棚の間、R230沿いにある街、今金町の市街地にある農道橋。

標高差も大きく、半径75m、橋長約300mと、かなり大規模なのの字である。
1992年竣工。

道農地開発部から地元婦人会へ依頼されたのだろうか、住民から寄せられたと思われる歌が銘板に刻まれている。地元説明会で数度聞いた程度で、架けられる橋を想像して詠んだのだろう。
「青空へ つづく 大橋 初燕」
「故郷の 四季の移ろい 見守らん 中天走る 光大橋」

しかし、受益戸数26戸って・・・その程度でも作るのね。
さすが北海道、1戸あたりの農地面積が広い。330haって言うと、本州なら300~500戸ぐらいあってもおかしくないからね。


(2017年7月9日再訪)
全く変わってないんだろうな、と思って訪問したが、やはり全く変わっていなかった。それこそが素晴らしい。
いや、変わった点があった。木々が確実に成長している。

路線農免農道光台地区
所在地北海道瀬棚郡今金町字今金
回転度360度
完成時期1992(平成4)年7月
実走行日2005-07-16
全景写真
(2005年7月16日初訪) R230を北側に折れると
R230を北側に折れると・・・
R230から見た全景
R230から見た全景。
今金の町並み・・・というか田畑が見通せる
今金の町並み・・・というか田畑が見通せる。
銘板、凝ってます銘板、凝ってます。
えらく大規模事業のようだが、受益戸数が・・・
えらく大規模事業のようだが、受益戸数が・・・
実際、結構大規模です
実際、結構大規模だ。

(2017年7月9日再訪) ドローンによる空撮敢行

拡大する

ドローンによる空撮敢行。このビューが欲しかった。完成から25年経過した今でも美しい橋脚が素晴らしい。
3枚目の写真と同じ位置から撮影
拡大する

3枚目の写真と同じ位置から撮影。木々が成長している様子がわかるだろうか。
今金の田園風景をパノラマで眺められる場所。
ここからループ交差部を過ぎるまで、橋上は駐停車禁止・制限速度30km/hである。