大和大橋


下に架かる橋は新大和橋、上で道を跨ぎ弧を描くほうが大和大橋である。
ループを描くほどでもない傾斜に見えるが、九十九折では困る事情があったのだろうか。
赤い欄干が印象的な橋。

大和大橋は1997(平成9)年1月完成、新大和橋は1997(平成9)年11月完成。しかし、広域農道の供用は橋梁工事完了の数年後になることが珍しくなく、残念ながらいつ開通したのかよくわからない。

道道97号から広域農道に入ると、唐突に「山梨方面」という青看が現れ???な雰囲気になる。これは、その昔に山梨県の入植者がいたことにちなんだ地名らしい。

路線胆振西部広域農道
所在地北海道虻田郡豊浦町字大和
回転度315度
完成時期橋梁の完成は1997(平成9)年
実走行日2005-07-15
全景写真
「山梨」は集落の名前。唐突に現れるので驚く。「山梨」は集落の名前。唐突に現れるので驚く。
赤い欄干が印象的な橋。大和大橋が新大和橋を跨ぐ。いずれも赤い欄干が印象的だ。
車は・・・ほとんど通らない。車は・・・ほとんど通らない。