上関大橋


途中で別の県道が分岐しているが、交差点に信号はないし本線が「のの字」を描いているので、立派にのの字である。
漁船を通すために海上のクリアランスを確保した結果、陸側に無理が生じて「のの字」を描かねばならないという、瀬戸内の島々にありがちな構造と言えるだろう。

写真撮影の場所には、江戸末期に毛利藩が築いた砲台(台場)跡であると、今年建てられた教育委員会の看板があった。

路線県道23号
所在地山口県熊毛郡上関町室津
回転度240度
実走行日2004-08-28
全景写真