那須おおとり苑分譲地


福島県との県境近く、余笹川中流左岸の丘陵地にある別荘地に2件の円形交差点がある。

デベロッパーは当時国内で別荘地開発を広く手掛けたらしい東昭観光開発。

那須は同社社長・荒木晶三氏にとって思い入れのある地だったのか、ペギー葉山の歌や引退後の大鵬へのインタビューを収録したソノシート付きのパンフレットを配布して大々的に営業活動を行った。(おおとり苑の写真が含まれているか不明だが)

当時の雑誌を繰ってみると、まるでアメリカ西部のゴールドラッシュの如く、様々な不動産業者が那須別荘地開発を手掛けていたことがわかる。坪70円の山林を均すだけで1000円で売れたというから、まさに錬金術である。

※ 荒木晶三氏は福岡県の小倉出身。学習院大学を卒業、氏が33歳のとき(昭和40年)に前身である東商商事を設立、翌年に東昭観光開発へ社名変更している。破竹の勢いで会社を成長させ、1972(昭和47)年の第33回衆議院議員選挙の福岡4区(小倉を含む福岡県東部)に自由民主党所属で出馬、皇太子殿下(2020年現在は上皇陛下)と御学友であることをアピールし、小型角栄とも呼ばれる存在だったが結果は落選。

南側の円形交差点は小規模で中央島には何も設置されていないが、北側に塔が立っている。芸術家の作品か、或いは何かを記念するものか不明。

路線私道
所在地栃木県那須郡那須町大字高久丙
完成時期1971(昭和46)年
実走行日2020-04-04
全景写真
南側入口、県道との分岐点に設置された銘板。

北側ロータリー

那須おおとり苑北側円形交差点を東側から眺める拡大する
那須おおとり苑北側円形交差点を東側から眺める。この塔はなんだろう?
那須おおとり苑北側円形交差点を南東側から眺める。環道の通行方向は案内されていない。
南西側から眺める。
北側から。丹念に探してみたが、塔の謂れや誰の作品かを示すものはなかった。残念。

南側ロータリー

那須おおとり苑南側円形交差点を西側から眺める拡大する
那須おおとり苑南側円形交差点を西側から眺める。こちらも回転方向は示されていない。
北西側から眺める。中央島に何もないところが却って好印象。
北東側から。夜間に通行したら突っ込むかもしれん。
南東側から。最低限の手入れがされている印象の別荘地。50年経過してこれだけの状態を維持できているのは、実際の建築数を考えれば素晴らしいレベルかも。

傍らには、余笹川2号堰堤がある。那須豪雨とも呼ばれる、1998(平成10)年台風4号の氾濫により多大な被害を受け、水害対策のひとつとして建設された。