JR中東京信濃川線17号鉄塔交差点


だいたい年1回はテレビで目にする城西大学の西側の丘陵地に、1970(昭和45)年から造成が開始された西坂戸団地(角栄団地)。この団地のデベロッパーは角栄建設(現在は株式会社ジョイント・レジデンシャル不動産)。

その団地内にJR中東京信濃川線の送電鉄塔があり、道路が囲んでいる。菊川市柳1丁目ラウンドアバウト九州電力上津役中間線13号鉄塔交差点と同じような成り立ちだ。
鉄塔自体は1968(昭和43)年12月築。

ちなみに、西坂戸団地は割と最近になって有名になった。2030年の日本の人口分布を先取りしている町だそうだ。
NHK首都圏スペシャル プロジェクト2030 わが街を守れますか -超少子高齢社会を生き抜く-

なるほどそういうことか。
でも、ここの円形交差点は中央島の背が高いので見通しが悪いから、環道に青空駐車するのはやめようよ。

カテゴリーロータリー
路線市道5372号/市道5386号
所在地埼玉県坂戸市西坂戸3丁目
実走行日2015-06-07
全景写真
北からの眺め
東からの眺め
南からの眺め
西からの眺め