力丸交差点(ラウンドアバウト)


圏央道・茂原長柄スマートIC近くにある長柄町道の交差点がラウンドアバウトに改修され、2021年3月30日に供用開始された。

元々は南北方向の通行車両が多い交差点で、東西方向の町道側が一時停止の必要があったが、茂原長柄スマートIC設置(2020(令和2)年2月16日15時供用開始)により交通量に変化が予想されること、信号機の追加設置が困難であることから、ラウンドアバウトが採用された模様。交通量変化の主な車両は近隣のゴルフ場利用者を想定したのだろうか。

これと言って特筆することはない、よくある「田舎道のラウンドアバウト」だ。

路線町道1457号線/町道1203号線
所在地千葉県長生郡長柄町力丸
完成時期2021年3月30日供用開始
実走行日2021-04-11
全景写真
力丸交差点を東側(茂原長柄スマートIC側)から眺める拡大する
力丸交差点を東側(茂原長柄スマートIC側)から眺める。警戒標識「ロータリーあり(201の2)」は設置されていない。
力丸交差点を南側から眺める拡大する
南側から眺める。視線誘導標は最小限の配置。
西側から眺める。田圃の中なので見通しは極めてよい。
北側から。規制標識「環状の交差点における右回り通行(327の10)」は供用開始の3月30日に設置されたことになっている。
将来の横断歩道設置に備えて、歩車道分離ブロックが切り下げられている。
全流出路に方面標が設置されているが、地元民でなければよくわからない地名が多い。
エプロン端の処理もよくある構造。
おっちゃん!自転車も右回りでよろしく!
ゆずれ標識は設置されていないが、長柄町のマスコットキャラクター「ながラン」がゆずれと案内している。ここで「ロータリー」という表現は使ってほしくなかった。「環道走行車両優先」とすべきだろう。

360度写真