大聖寺上福田町岡野交差点


帝人ネステックス(旧キタセン)の大聖寺工場が閉鎖されたのは2005年7月。大聖寺工場の機能は根上工場(能美市)に集約された。
小松市に本社を置く清水不動産サービスがその工場跡地の再開発を手掛け、85区画の住宅団地を造成、中央を東西に貫く道路に2件のラウンドアバウトを設けた。

ラウンドアバウトとして設計施工された交差点としては北陸3県で最初であり、ラウンドアバウトとして設計施工された交差点を持つ住宅団地としてはプログレスタウン安城和泉に次いで国内2件目だろうか。

加賀温泉駅・加賀中央公園方面と大聖寺の旧市街の間の抜け道になることを懸念してか、東西を貫く道路の東側は敢えて道路幅員を狭隘にして減速させるとともに、道路を緩く蛇行させ、さらにラウンドアバウトを連続して設けることで低速走行を図っているように見える。実際、現地を取材した際は夕暮れのラッシュ時であったためか、東から西へ通り抜ける車が実に多かった。住宅が建ち並べば、そのような車は少なくなると思うが。

2件のラウンドアバウトがそれぞれ第1交差点・第2交差点とネーミングされているようだが、どちらが第1交差点なのか、実はよくわかっていない。加賀市のウェブサイトでも道路認定図が公開されていないため、詳細は不明だ。

北陸新幹線の加賀温泉駅が設けられ、北陸道加賀ICも近く、徒歩圏内にはポニーボウストリングトラス橋の福田橋(昭和11年6月竣工)がある、とても魅力的な団地である。

カテゴリーラウンドアバウト
路線大聖寺上福田町第1交差点:市道A第441号線
大聖寺上福田町第2交差点:市道A第441号線/市道A第440号線
所在地石川県加賀市大聖寺上福田町
実走行日2017-01-28
全景写真

大聖寺上福田町第1交差点





大聖寺上福田町第2交差点