吹上浜サイクリングロードのループトンネル


鹿児島交通枕崎線跡等を活用して整備された大規模自転車道のうち、1993(平成5)年から1998(平成10)年に整備された新設区間(主に鹿児島交通枕崎線跡でない区間)にループトンネルが設けられている。

一帯は砂浜海岸が発達した砂丘による丘陵地が形成されていて、標高差が激しい場所がある。そのため、自転車でも容易に走行できるようループトンネルを採用して緩勾配にしたと見られる。

残念ながら整備が行き届いているとは言えず、路面も荒れている。年間走行台数はどれぐらいだろうか。

路線鹿児島県道2号加世田日吉自転車道線
所在地鹿児島県日置市吹上町今田
回転度330度
完成時期1998(平成10)年?
実走行日2019-05-03
全景写真
吹上浜サイクリングロードのループトンネル西側坑口
吹上浜サイクリングロードのループトンネル東側坑口
吹上浜サイクリングロードのループトンネル全景拡大する
吹上浜サイクリングロードのループトンネル全景。ループ内にあるのは自転車道の休憩施設。左に見える2車線の道路は市道今田潟線(車道)だ。
吹上浜サイクリングロードのループトンネル全景(大俯角)拡大する
吹上浜サイクリングロードのループトンネル全景(より大きな俯角で撮影)。自転車道ではあるが歩行者も通行可能であり、ループをショートカットするように設けられている階段が見える。
吹上浜サイクリングロードのループ内にある休憩施設。
避難場所の標識が設置されたのは最近のようだが、設置時期は不明だった。
吹上浜サイクリングロードの整備完了は2001(平成13)年だが、この看板が設置されたのは2007(平成19)年1月とのこと。
ループトンネル坑口近くの植栽は1998(平成10)年3月に行われている。おそらく、これがループトンネル完成時期だろう。