JR日向市駅西口交差点


2002年度から開始されたJR日豊本線連続立体化工事に合わせて、JR日向市駅周辺道路が整備された。2007年度には西口広場が整備され、このときに円形交差点が作られている。
かなり気合の入った計画だったようで、2009年度、駅前広場を含む駅全体が日本建設業連合会のBCS賞を受賞している。

当初はロータリーとしての運用であったが、2014年12月05日から環状交差点としての運用が開始されている。設計時点で既にラウンドアバウトとしての運用を想定していたかのように、ほぼ教科書どおりの構造と言えるだろう。

カテゴリーラウンドアバウト
路線市道
所在地宮崎県日向市上町
実走行日2008-05-04
全景写真
2008年5月4日撮影。このときはまだロータリーで、環道進入時に一旦停止が必要だった。
2015年5月1日撮影。環状交差点としての運用開始に際して、自転車横断帯が撤去されていることがわかる。