十二沢橋


2003年09月27日初訪
湯田中から志賀高原方面へのアクセス路である国道292号が長野オリンピック(1998年)に向けて改良工事され、この巨大ループ橋が作られた。1996年竣工。
すぐ下には長野オリンピックでスノーボードの会場になった「かんばやしスノーボードパーク」がある。また、1986年頃に閉鎖された「安南平スキー場」への分岐もある。

上りでここを通過すると「いよいよ志賀草津道路の始まり」という印象があるが、下りでここを通過するときはヘアピンの多さにバイク酔いしていることさえある。緑に囲まれた、何もない場所。

橋は巨大すぎて、全景を見ることができない。
ループの上と途中に旧道が微かに残っているので、近いうちに再訪、再撮影したい。


2014年9月15日再訪。
相変わらず殺風景な場所で、旧道を辿るのは極めて困難な状況だが、「峠の三十三観音」というハイキングコース?が整備されていることに驚いた。

路線国道292号
所在地長野県下高井郡山ノ内町
回転度315度
実走行日2003-09-27
全景写真


2014年9月15日再訪

魚眼レンズでようやく全景を撮影できた。

ループの上にある擁壁。これを壁伝いにたどっていけば、それが旧道のはずなのだが、こんなに草が生い茂る中を探訪するのは自殺行為だ。

前回訪問時は、雑草が生い茂っていてループ中央部に立ち入れなかったはずだが、今回11年ぶりに通ってみたら、志賀高原 西国三十三観音(「峠の三十三観音」というハイキングコース?)が整備されており、ループ中央部にあるのは第三番・千手千眼観音と解説されていた。

参考として、国土地理院撮影の空中写真(2013年10月14日撮影並びに1977年08月07日撮影)で比較する。マウスオーバーすると1977年の線形になる。上記4枚目の写真の中央に延びる道が旧道であることがよくわかる。