松山空港地下道北詰ループ


空港アンダーパスの道路もループトンネルも珍しくないけど、この2つがセットになってるのはココだけである。(但馬飛行場は微妙に違う)

最大幅は1.5m最大高さ2.5mに制限されており、四輪車は軽自動車以下のみ通行可ということになる。

松山空港は旧海軍吉田浜飛行場として戦中に開設され、終戦後に連合国軍に接収された後、1956年には民間空港として運用開始された。海軍飛行場を設けた時点で、飛行場により農地が分断されることとなったために飛行場内を農業用道路が通っていたらしく、2000m滑走路が設けられるまでは航空写真でその痕跡を確認できる。

第一次空港整備5カ年計画(1967年度~1971年度)で松山空港滑走路の延長が計画され、1972年4月に2000m級滑走路の供用が開始された。このときに農業用道路の地下道化が計画・施工されている。ただ、この時点では空港北側坑口付近はオメガ(Ω)形状の線形となっており、1990年代前半に現在のようなのの字の線形に改造されたようである。

このような経緯から地下道は農耕車優先道路とされているのだろう。坑口横には「この道路は農耕車以外の一般車両は通り抜けをご遠慮下さい」と掲示されている。

のの字の線形に改造されたのはいつなのか。そのとき地下道は長期間封鎖されたのか。たいへん興味がある。今後の調査事項だ。

路線市道生石169号線
所在地愛媛県松山市南吉田町
回転度260度
実走行日2015-04-30
全景写真
車幅制限と高さ制限がある。車幅制限のボラードがボコボコにされていて痛々しい。この写真が交差地点である。
上の写真の地点を反対側から見る。
空港により分断された農地の東西を往来できるようにするために設けられている市道により分断された公園の東西を往来できるようにするために設けられている橋。
南吉田緑地。とても興味深い公園だ。
のの字の中央部。桜の季節は花見をやってそうな場所である。

以下に掲げる6枚の航空写真は、国土地理院が公開している空中写真に市道部分ならびに撮影時期を追記したものである。 1962年(昭和37年)6月撮影。青矢印の先にあるのは滑走路により分断された土地東西を往来するための道路だろう。
1971年(昭和46年)11月撮影。滑走路延長の工事中で、地下道工事が並行して行われているようだ。
1975年(昭和50年)2月撮影。地下道北側坑口付近はオメガ形状の線形であることがはっきりわかる。
1989年(平成元年)4月撮影。まだオメガ形状だ。
1994年(平成6年)5月撮影。のの字線形への改造が完了しているように見える。また、タクシーウェイ上に地下道が浮かび上がっている。土壌液状化によりカルバートが動いたらしい。
2010年(平成22年)4月撮影。